「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

観光

2020.07.25

雨の日でも味わい尽くせる!おすすめ沖縄スポット10選

雨の日でも味わい尽くせる!おすすめ沖縄スポット10選

年中あたたかく、晴れのイメージが強い沖縄。でも実は、沖縄は雨の多いエリアなんです。旅行中に雨が降っても、せっかくなら思う存分楽しみたいですよね。

この記事では雨の日でも楽しめる、沖縄の観光スポットを紹介します。

雨の日の観光におすすめ!沖縄南部「平和通り」

雨の日の観光におすすめ!沖縄南部「平和通り」

沖縄の観光スポットとして定番の国際通りから繋がっている「平和通り」。300m以上ある商店街で、アーケードになっているので雨の日でも傘をささずに歩くことができます。

青果店やお土産屋さんが立ち並び、国際通りよりもディープな沖縄の雰囲気を楽しむことができます。地元の方々にも愛されている商店街なので、ローカルなお店に行きたい方におすすめ。

詳しくはこちら▼
国際通り近く!ローカルな沖縄を味わえる「平和通り」

雨の日の観光におすすめ!沖縄南部「沖縄アウトレットモール あしびなー」

雨の日の観光におすすめ!沖縄南部「沖縄アウトレットモール あしびなー」

国内最南端のアウトレットモール「沖縄アウトレットモール あしびなー」。「あしびなー」とは沖縄の方言で「遊び場」を意味します。

あしびなーには、アウトレットで定番の店舗から沖縄らしい雑貨屋、飲食店など、100店舗以上のショップや飲食店が入っています。敷地内には屋根が付いているだけでなく、貸し傘もあるので、雨の日でも濡れずにショッピングやグルメを楽しむことができますよ。

[基本情報]沖縄アウトレットモール あしびなー
住所:沖縄県豊見城市字豊崎1ー188
電話番号:098-891-6000

雨の日の観光におすすめ!沖縄南部「琉球ガラス村」

雨の日の観光におすすめ!沖縄南部「琉球ガラス村」

「琉球ガラス村」は、沖縄県内最大級の手作りガラス工房。琉球ガラスとは沖縄に伝わる、カラフルで透明感がある美しいガラス工芸品のこと。

琉球ガラス村では、職人がガラスを作っている姿を見学できたり、実際に吹きガラス体験をすることが可能です。他にもジェルキャンドル作りや、シーサーの色つけ体験など、幅広いワークショップが行われています。雨の日でも沖縄の文化を目一杯満喫することができますよ。

[基本情報]琉球ガラス村
住所:沖縄県糸満市字福地169番地
電話番号:098-997-4784

雨の日の観光におすすめ!沖縄中部「Gala青い海」

雨の日の観光におすすめ!沖縄中部「Gala青い海」

「Gala青い海」は、沖縄の魅力を「見る」「作る」「食べる」の3つの体験から楽しめるスポット。

吹きグラス体験で自分だけのオリジナルグラスを作ったり、シーサー製作を体験することができます。また、レストラン「オーシャンズピザ」では、サラミやマッシュルームなど自由にトッピングをしてオリジナルピザを作ることができます。

全て屋内での体験なので、雨の日でも子供から大人まで楽しい時間を過ごせますよ。

[基本情報]Gala青い海
住所:沖縄県中頭郡読谷村字高志保915
電話番号:098-958-3940

雨の日の観光におすすめ!沖縄中部「イオンモール沖縄ライカム」

雨の日の観光におすすめ!沖縄中部「イオンモール沖縄ライカム」

沖縄に来たらぜひ立ち寄ってほしいのが「イオンモール沖縄ライカム」。馴染みのあるイオンモールに沖縄らしさがプラスされています。入り口に待ち構える巨大なシーサーや、カラフルな熱帯魚が泳ぐ巨大水槽など、沖縄らしい雰囲気がたくさん。

他にも沖縄料理が食べられる店や物産展なども入っているので、屋外で遊べない雨の日の立ち寄り先としてもおすすめです。

[基本情報]イオンモール沖縄ライカム
住所:沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1番地
電話番号:098-930-0425

雨の日の観光におすすめ!沖縄中部「体験王国むら咲むら」

雨の日の観光におすすめ!沖縄中部「体験王国むら咲むら」

琉球王朝時代を彷彿とさせる町並みが広がる「体験王国むら咲むら」。散策しているだけでも沖縄の歴史を楽しめるテーマパークです。

紅型染めや琉球舞踊など、沖縄に古くから伝わる伝統文化を始め、100種類以上の体験メニューが用意されています。レストランでは、チャンプルーなど沖縄料理をバイキング形式でいただけます。

雨の日でも一日中、家族みんなで沖縄らしさを楽しめるスポットですよ。

[基本情報]体験王国むら咲むら
住所:沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020-1
電話番号:098-958-1111

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「よへなあじさい園」

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「よへなあじさい園」

雨の日にぜひ訪れたい「よへなあじさい園」では、30万輪もの美しく咲くあじさいの様子を見ることができます。

よへなあじさい園は、毎年5月〜6月のあじさいが咲く梅雨の時期に開園されます。園内は階段など滑りやすい場所もあるので、傘はもちろんスニーカーや長靴など歩きやすい履物で訪れてください。

園内にあるカフェでお茶をしながら、眺めるあじさいも情緒があって美しいですよ。

[基本情報]よへなあじさい園
住所:沖縄県国頭郡本部町字伊豆味1312
電話番号:0980-47-2183

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「OKINAWAフルーツらんど」

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「OKINAWAフルーツらんど」

南国・沖縄らしいフルーツや動植物を見ることのできる「OKINAWAフルーツらんど」。屋内に亜熱帯の自然が広がっているので、雨の日でも濡れずに遊ぶことができますよ。

マンゴーやパイナップル以外にも普段目にすることのないフルーツがなる「フルーツゾーン」や、カラフルな鳥たちと遊べる「バードゾーン」。色とりどりのフルーツをふんだんに使った巨大パフェもおすすめです。

詳しくはこちら▼
夢いっぱいのトロピカル王国へ!フルーツの魔法と旅する名護市「OKINAWAフルーツらんど」

[基本情報]OKINAWAフルーツらんど
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
電話番号:0980-52-1568

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「オリオンハッピーパーク」

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「オリオンハッピーパーク」

沖縄を代表するお酒・オリオンビールの工場見学が無料でできる「オリオンハッピーパーク」。オリオンビールの製造過程や歴史が学べ、出来立てのビールを試飲することもできる、ビール好きなら一度は訪れたいスポットです。

もちろん屋内なので天候に左右されず楽しむことができますよ。併設されたレストラン「やんばるの森」では、オリオンビールと共に沖縄の食材を使ったメニューをいただくことができます。

関連記事:名護市「オリオンハッピーパーク」の無料工場見学で至高のビールを堪能しよう!

[基本情報]オリオンハッピーパーク
住所:沖縄県名護市東江2-2-1
電話番号:0570-00-4103

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「沖縄美ら海水族館」

雨の日の観光におすすめ!沖縄北部「沖縄美ら海水族館」

世界最大級の大水槽に圧倒される「沖縄美ら海水族館」では、天候を問わずに沖縄の美しい海を体感することができます。

美ら海水族館を代表するジンベエザメが優雅に泳ぐ姿や、ナンヨウマンタなど沖縄だからこそ見られる景色を堪能してくださいね。イルカやマナティに触れられる体験もあるので、小さいお子様も飽きずに楽しむことができますよ。

JJガール ブログはこちら▼
雨の日でも楽しめる!本部町の「沖縄美ら海水族館」を堪能

[基本情報]沖縄美ら海水族館
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424
電話番号:0980-48-3748

沖縄で降水量が少ないのはいつ?

沖縄で降水量が少ないのはいつ?

常夏のイメージのある沖縄ですが、実は他の県と比べても降水量の多い地域。

特に降水量が多い時期は、沖縄の梅雨シーズンである5月〜6月と、台風の多い8月~9月。この時期の旅行は、屋内でも楽しめるホテルやスポットをチェックするなど注意が必要です。

逆に降水量が少ない時期は、梅雨明けの7月や、意外にも11月~2月の冬シーズン。外で観光を楽しみたい方にはおすすめです。

雨の日でも楽しめる沖縄の観光スポット

雨の日でも楽しめる沖縄の観光スポットを紹介しました。

意外に思われるかもしれませんが、雨の日が多い沖縄。雨が降らない時期を狙って訪れても、急なスコールに降られることもしばしば。そんな時も楽しめるスポットを事前にチェックしておけば、楽しい沖縄旅行を満喫できますよ。

お得に沖縄旅行!
\ツアー予約はこちらから/
https://www.jumbotours.co.jp/jj-tour/okinawa/

この記事を書いた人Feel沖縄 編集部

旅行のお役立ち情報や観光まとめ記事を中心に「感じる・触れる・心動かされる」そんな沖縄を身近に感じる情報をお届けしています!

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

11月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション