「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2022.03.31

身体に染み渡る〝おうちごはん〟は毎日食べたくなる美味しさ 北谷町の「ごはん屋 de SU-SU-SOON」のランチブッフェを堪能する

こんにちは、このところグルメ巡りで忙しのもーりーです!

北谷町の海沿いは沖縄グルメが集まる場所の一つ。ステーキにハンバーガーに沖縄そば。でも毎日重めのランチばかりしていると、素朴な家庭料理が恋しくなることも…。

そこでお伺いしたのが、そんな北谷町浜川にある「ごはん屋 de SU-SU-SOON」。実はこのお店、前回紹介した氷ヲ刻メの店主さんに「美味しくて毎日行きたくなるお店だよ!」と激推しされたところ。オープンから20年以上、地元に愛されるお店です。

北谷町のアメリカンビレッジから車で5分ほど、国道58号線から少し外れた場所にお店はあります。趣のあるクリーム色のアメリカ住宅のお店。駐車場は裏側に8台ほど停められます。

店内はどこか懐かしい沖縄の食堂風。テーブル席が4つとゆったりしてますが、お昼が近づくと毎日ここが満席になります。

店主の吉田さんにお話をお伺いしました。調理経験は大阪にいた頃から数えて30年以上、コザの町おこしコンテストを機に始めたこのお店も20年以上になります。

「この辺りはお肉料理のお店ばかり。たまには体に優しい野菜料理もお腹いっぱい食べてほしい」と吉田さん。愛情溢れる〝おうちごはん〟が人気の秘訣です。

ランチはブッフェ形式。カウンターには、旬の沖縄食材を使った料理がずらりと並んでいます。時期によっても変わりますが、千切りや野菜の煮物などおかずは10種類以上。

名物のセサ麺&ちらし寿司と一緒にいただきます。どの料理も素朴で優しい味わい。それでも心から「美味しい」と思うのは、体がおうちごはんを求めているからでしょうか。

料金は大人1,200円、6〜12歳が800円、4・5歳が600円です。

SU-SU-SOONの美味しさを詰め込んだお弁当(800円)も大人気。海が近いので、景色を眺めながらのピクニックでいただくのもいいですね。

自家製ジンジャーエールに使っているジンジャーシロップや、セサ麺に使っている生姜油なども販売。普段の料理に一工夫で、自宅でもお店の味わいが楽しめちゃいます。

ということで今回は、北谷町浜川の人気店「ごはん屋 de SU-SU-SOON」を紹介しました。のんびりとした雰囲気に、食べたらホッとするおうちごはん。ブッフェのほかに定食メニューもあるので、おうちごはんが恋しくなったらぜひ足を運んでくださいね。

[基本情報]ごはん屋 de SU-SU-SOON
住所/沖縄県中頭郡北谷町浜川208-8
電話/098-936-6237
営業/11:30〜17:00(L.O.16:00、ブッフェは14:30迄、売り切れ次第終了)
定休日/月・火曜
駐車場/あり
Wi-Fi/なし
クレジットカード/可

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

8月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション