「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

観光

2019.06.25

【保存版】子連れ家族におすすめ!沖縄のビーチ・持ち物・注意点まとめ

沖縄旅行で多くの方が訪れるビーチ。エメラルドグリーンと表される青い海、白い砂浜がとにかく美しく、本州ではなかなか味わえない南国のリゾート感を堪能できます。

しかし、子連れの家族にとっては、お子様の安全が第一です。怪我や悲しい思いは、誰でもさせたくないもの。

そこで、子連れで沖縄旅行をする方に向けて、安全に沖縄の海を楽しむための注意点・持っていくべき物・おすすめビーチをまとめました!安全に、沖縄の美しい海をお楽しみください◎

子連れで沖縄のビーチを楽しむため、特に注意すべき3つのこと

子連れでビーチに行く際に注意したいことはいくつもありますが、今回は特に注意すべき3点をお伝えします。

①お子様の様子を常に見守る

これが最も重要。知らないうちに危ないところに行ったり、熱中症で体調を崩す可能性があります。

危険を未然に防ぐため、アクシデントが起きた時すぐに対応するため、注意深く見守りましょう!

②日差し対策をする

沖縄は本州よりも緯度が低いため、強い日差しが差し込みます。長時間日差しの下にいると、大人でも軽度のやけど状態になるほど…。

子どもは大人に比べて暑さに弱く、また皮膚が強くないため、極力日差しに当たらないようにしましょう!熱中症の防止にもなります。

主な対策は次の通り。

・日差しの強い昼の時間帯(12~15時ごろ)を避ける
・日陰でこまめに休憩する
・帽子やサングラス、長袖などの着用で、肌の露出を減らす

③ビーチの環境を確認する

沖縄には人の手が加わっていない天然のビーチがあり、自然を存分に感じられるのが魅力。ただ一方で、天然だからこそ、次のような問題もあります。

・砂浜に大きなサンゴが転がっていて、怪我の恐れがある
・シャワーやトイレなどの設備が整っておらず、不便
・一部クラゲ防護ネットがなく、ハブクラゲに刺される危険が生じる

あらかじめビーチの情報を調べて、安全性を確認してから行くことをおすすめします。

沖縄で海水浴をする際に特に必要な物

海水浴の持ち物の中でも、特に必要な物をお伝えします。

日焼け止め

ビーチに限らず沖縄旅行中に最も注意したいのが、日差し。本州よりも強い日差しで、大人でも火傷レベルの日焼けになる恐れがあります。

ビーチの売店で販売されることもありますが、必ずあるとは限りません。そのためなるべく持参し、こまめに塗るようにしましょう。近ごろは、サンゴに害を与えない成分で作られた日焼け止めも販売されているため、自然への心配もありません◎

帽子、サングラス、長袖

こちらも日焼け対策で必要です。なるべく日差しをさけるために、肌を出さないようにしましょう。

可能であれば、つばの広い帽子、紫外線カットのサングラス、ラッシュガードがおすすめ。

ビーチパラソル

ビーチでゆっくりとした時間を過ごすためには、日陰を作れるビーチパラソルが欠かせません。

ビーチ周辺でレンタルできる場所があるかどうか、事前に確認しておくことをオススメします。

履物

沖縄のビーチには、サンゴや貝殻がよく転がっており、裸足のままだと怪我をする恐れがあります。滑りにくいマリンシューズや靴を履いて遊ぶようにしましょう。

子連れ家族にオススメ!海水浴を楽しめる沖縄本島のビーチ4選

今回は、沖縄本島の北部から南部まで、4ヶ所のビーチを紹介します。以下の3点をポイントに、子連れ家族が楽しめる場所を選びました。
・主要スポットからアクセス良好
・お子様が安全に楽しめる(トイレやシャワーなどの設備充実、クラゲ防護ネットあり、ビーチ監視員常駐、日陰がある等)
・売店あり

【本島南部】那覇空港近く!豊見城市「豊崎美らSUNビーチ」

画像提供:豊崎海浜公園 美らSUNビーチ

【おすすめポイント】
・那覇空港から車で約15分で、沖縄自動車道ICも近い
・アウトレットモールあしびなーまで車で約5分
・バリアフリー設備があり、砂浜までベビーカーで行ける
・マリンアクティビティ充実
・バーベキュー専用エリアや多目的広場あり
※最新情報はホームページをご確認ください。

[基本情報]豊崎美らSUNビーチ
住所:豊見城市豊崎5-1
電話:098-850-1139(豊崎美らSUNビーチ管理棟)
遊泳時間:9:00~18:00(4~6月、9~10月)
      9:00~19:00(7~8月)
駐車場:あり(1時間無料、200円/1時間、最大料金500円)
https://churasun-beach.com/

【本島中部】公園が隣接する街中ビーチ!北谷町「アラハビーチ」

画像提供:北谷海人の会

【おすすめポイント】
・本島中部に位置し、様々な場所からアクセスが良好
・ビーチ周辺にはアメリカンビレッジなどの施設が充実
・公園が隣接しており、多数の遊具で楽しめる
・バーベキューエリアあり
・マリンアクティビティ充実
※最新情報はホームページをご確認ください。

[基本情報]アラハビーチ
住所:中頭郡北谷町北谷2丁目21
電話:098-936-2068(北谷海人の会)
遊泳時間:9:00~18:00(夏休み期間は~18:30まで)
駐車場:あり(無料)
http://uminchunokai.com/

【本島中部】リゾートホテル近く!西海岸・読谷村「残波ビーチ」


【おすすめポイント】
・海上アスレチックあり
・景勝地「残波岬」近く
・遠浅なので、小さな子供も遊びやすい
・マリンアクティビティ充実
・残波岬公園が隣接しており、アスレチック遊具やバーベキュー場がある
※最新情報はホームページをご確認ください。

[基本情報]残波ビーチ
住所:中頭郡読谷村宇座1933
電話:098-958-3833(残波ビーチ管理組合)
遊泳時間:9:00~18:00(4月1日〜10月31日)
駐車場:あり(無料)
http://www.yomitan-kankou.jp/detail.jsp?id=74757&menuid=11949&funcid=3

【本島北部】沖縄美ら海水族館近く!本部町「エメラルドビーチ」

【おすすめポイント】
・海洋博公園内のビーチで、沖縄美ら海水族館近くにある
・沖縄でもめずらしい礁湖(ラグーン)内に位置する
・遠浅なので、小さな子供も遊びやすい
・看護師配備
・「遊びの浜」、「憩いの浜」、「眺めの浜」と目的別に3つの砂浜がある
※最新情報はホームページをご確認ください。

[基本情報]エメラルドビーチ
住所:国頭郡本部町石川424(海洋博公園内)
電話: 0980-48-2741(海洋博公園管理センター)
遊泳時間:8:30~19:00(4月1日~9月30日)
      8:30~17:30(10月1日~10月31日)
駐車場:あり(無料)
http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/75

 

最後に1点。ビーチに訪れる時間帯によっては、干潮で泳げないときがあります。潮汐については、以下のページで調べることができます。
日本全国 潮見表 潮MieYell

沖縄といえば、やっぱり海。せっかく旅行するなら、思う存分お子様と一緒に青い海を堪能してください◎

この記事を書いた人Feel沖縄 編集部

旅行のお役立ち情報や観光まとめ記事を中心に「感じる・触れる・心動かされる」そんな沖縄を身近に感じる情報をお届けしています!

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

9月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション