「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

くらし

2022.02.23

コーヒーのコクは店主の地元愛で深くなる!?沖縄市の老舗店「ヨシモトコーヒー」に行ってみた

コーヒーのコクは店主の地元愛で深くなる!? 沖縄市の老舗店「ヨシモトコーヒー」に行ってみた

こんにちは、もーりーです!最近キャンプ用でビアレッティのモカエキスプレス(エスプレッソメーカーのようなもの)を買いまして、せっかくだから豆にも拘りたい今日この頃。

美味しいコーヒーの秘訣は…?何より新鮮であること!そこでお伺いしたのは今年で創業36年目、沖縄市のみならず県外の方にも美味しい!と評判の自家焙煎コーヒー豆のお店「ヨシモトコーヒー」です

焙煎したての新鮮なコーヒー豆はもちろん美味しかったのですが、それ以外にもコーヒー好きには嬉しい発見がいくつかありましたよ〜。

ヨシモトコーヒー

那覇空港から車で40分ほど、沖縄県沖縄市知花、白川の交差点を曲がった県道26号線の通り沿いに「ヨシモトコーヒー」はあります。

長年地元に愛され続けているお店なだけあって、店構えにも風格を感じますね。ショップの隣は焙煎所。タイミングが良ければ焙煎している様子を外から見ることができます。煙突から香るコーヒーの香りが、近くを通る人に評判だそう。

深く色づいた木の色合いが美しい店内、漂うコーヒーの香りがたまりません。カウンターの後ろに並ぶコーヒー器具と真ん中にかかるレトロな時計が、またいい味を出してますね。

「コーヒーは鮮度が命なんですよ」とオーナーの吉本さん。ショーケースには隣で焙煎したばかりのコーヒー豆がずらりと並んでいます。

季節ごとにも変わりますが、種類は常時20種類ほど。その中でもイチオシなのが、沖縄市の象徴「コザ」の名を冠した「コザブレンド」です。深い苦味の中に軽やかな酸味も感じる飲みやすい一品。100gで340円という価格にも驚きです。

お店の一角には生豆も販売しているではありませんか

お店の一角には生豆も販売しているではありませんか!

最近は「自分でコーヒー豆を焙煎してみたい!」と言う方が増えているそう。筆者もたまにキャンプで焙煎に挑戦しているので、生豆が手軽に購入できるのはめちゃくちゃ嬉しい!

さらに嬉しいのはこちら。普通の自動販売機かと思いきや…

自動販売機でのコーヒー豆の販売

コーヒー豆も売っているではありませんか!

新型コロナウイルスによる自粛を機に、一昨年から自動販売機でのコーヒー豆の販売を始めたそう。もちろん出てくる豆は焙煎したて。24時間いつでも美味しいコーヒー豆が買えるのはめちゃくちゃ嬉しい!(2回目)

コーヒーのコクは店主の地元愛で深くなる!? 沖縄市の老舗店「ヨシモトコーヒー」に行ってみた

ちなみに、店内でも美味しいコーヒーを味わうことができます。人気のホットコーヒーは300円〜400円とこちらもリーズナブル。ショーケースに並ぶ約20種類の豆の中から好きなものを選べますよ。

「ヨシモトコーヒー」2代目オーナーの吉本さん

「ヨシモトコーヒー」2代目オーナーの吉本さんにお話を伺いました。

沖縄市生まれ、沖縄市育ちのお父様がここでお店を始めて36年。お店のキャッチフレーズ「世界のコーヒーをKOZA CITYから」の言葉にも表れているように、沖縄市への愛情は並々ならぬものがあったそうです。「そんな父の背中がカッコよかった」と吉本さん。コーヒーを焙煎するお父様の姿に憧れてこのお店を継いでから、さらに新しい取り組みを始めたそう。

「いずれは観光農園として、コーヒー豆の収穫から焙煎、ドリップまで体験できるような場所にしたい」吉本さんの挑戦はまだまだ続きます。

[基本情報]ヨシモトコーヒー
住所/沖縄県沖縄市知花5-35-6
電話/098-937-2645
営業/9:00〜18:00
定休日/日曜、祝日
駐車場/あり
クレジットカード/可

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

6月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション