「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

体験

2021.11.01

おきなわ体験最大50%OFFキャンペーンでお得に楽しむ!360度どこを眺めても絶景!座間味島のエメラルドブルーの海に囲まれて、SUP & シュノーケルに初挑戦!!

沖縄県那覇市から西へ約40km、幾つもの島々からなる慶良間諸島の一つが座間味(ざまみ)島です。高速船で向かうと、那覇の泊港から大体1時間くらい。島を囲うエメラルドブルーの海は海外の観光客にも人気で、人口600人ほどの小さなこの島に、平常時だと年間10万人以上の人々が訪れると言います。

お目当てはやっぱり、自然豊かな青い海でのマリンレジャー。座間味島の海にはたくさんの熱帯魚や珊瑚が生息しており、運が良ければ間近でウミガメを見ることができるそうです。

そんな座間味島の海をのんびりと満喫したいなら、定番のSUPがオススメ。SUPとは「Stand Up Paddleboard」の略で、サーフボードの上に立ちパドルで漕いで海の上を進むマリンスポーツです。

手軽に乗れる上に、SUPヨガなどのエクササイズにも利用され、マリンスポーツとしてずいぶん定着しましたよね。特に女性に人気で、海の上をのんびりスイスーイと漂ってるイメージですが「ちょっと待って、サーフィンすらやったことないのにそんなのできないよ!」って方も多いはず。

なので今回は、サーフボードどころかバナナボートすら乗ったことない筆者が座間味島の海で初SUPに挑戦してきましたよ。運動神経皆無&初心者の私でもSUPを満喫することができるのでしょうか!?

今回は観光体験が最大50%OFFになる「おきなわ体験最大50%OFFキャンペーン」を使って「珊瑚の楽園SUPツアー」を体験してきました。

\【座間味島】珊瑚の楽園SUPツアー/JJ Activity 沖縄 体験 アクティビティ

\おきなわ体験最大50%OFFキャンペーンとは?/
沖縄 観光 体験 キャンペーン 50& OFF

那覇の泊港からフェリーで2時間ほど!座間味島へ上陸

那覇の泊港からフェリーで2時間ほど!座間味島へ上陸

筆者はフェリーで向かったので、座間味港へは出発地の泊港から阿嘉島を経由して2時間くらいかかりました。

阿嘉港ではフェリーの上からウミガメが見えたので、いやが応でも期待が高まります。というか、この日は前日の雨が嘘のような快晴!(座間味島では雨は降ってなかったそうですが…)絶好の海日和ですね!!

頼もしい「DRIFER」のインストラクターさんとSUPに初挑戦!

頼もしい「DRIFER」のインストラクターさんとSUPに初挑戦!

DRIFTER

今回お世話になるのは、座間味島で8年間マリンスポーツに携わっているという「DRIFTER」さん。ちょっと入り組んだところにありますが、宿泊場所まで迎えにきてくれるので安心です。まずはこちらで受付と、シュノーケルもやるならフィンのサイズ選びをします。

阿真ビーチ

受付を済ませたら早速ビーチへと向かいます。到着したのは、車で約5分ほどの場所にある阿真ビーチ。

砂浜からでも息を呑むほどの美しさです!この辺りはウミガメの産卵場所になっていて、年中ウミガメを見ることができるそうですよ。

しっかりとレクチャーを受けたらいざ青い海の上へ

しっかりとレクチャーを受けたらいざ青い海の上へ

海に出る前に、DRIFTERのスタッフさんがしっかりとSUPの乗り方を教えてくれます。教えていただいたのはSUPの世界大会で、日本代表として活躍しているミカさん。なんと、SUPで日本一にも輝いたという心強いスタッフさんです。

ちなみに、水着とか必要なのかと思いきやTシャツ短パンにサンダルでOK。気軽に参加できるのも魅力ですね。

ひととおり乗り方を教えてもらったら、早速SUPボードとパドルを持って海へGO!

ひととおり乗り方を教えてもらったら、早速SUPボードとパドルを持って海へGO!

まずはボードの上に座ってパドルの使い方を覚えます。ボードのすぐ横を真っ直ぐに後ろへ漕ぐと前へ進み、弧を描くように遠くを漕ぐと方向転換できます。両腕を伸ばして後ろに漕ぎ切るのがコツ。慣れてきたら膝立ちで漕いでみましょう。

膝立ちに慣れたら少しずつ立つ練習をしましょう。

膝立ちに慣れたら少しずつ立つ練習をしましょう。ボードの真ん中に立って、体勢は力を抜いて少し前重心で膝を曲げます。パドルは漕ぎ続けた方が安定するのですが、力んでしまうとこれがまた難しかったり…。

ちなみに、写真のずぶ濡れ具合を見ても分かるとおり筆者は立てるまでに何度も海へ落ちてしまいました。でもライフジャケットを着ていて、ボードとはリーシュコードと呼ばれるロープで繋がっているので泳げなくても安心です。

360度どこを眺めても絶景!座間味島のエメラルドブルーの海に囲まれて、SUP & シュノーケルに初挑戦!!

そんな筆者を、DRIFTERのスタッフさんがすぐ側でしっかりサポート。ミカさんの的確なアドバイスで少しずつ立てるようになってきました。でもまだへっぴり腰ですね…恥ずかしい…。

ミカさんはさすが日本代表、横波を受けても全く姿勢がブレません。

それにしてもミカさんはさすが日本代表、横波を受けても全く姿勢がブレません。

練習を初めて約1時間、休憩を終えて元の場所に戻る頃には周りを眺めながら漕げるくらいに余裕を持って乗れるようになりました。改めて写真を見ても「あ、今度はしっかり立ててるな」と自画自賛。

シュノーケルで座間味島の海の中も満喫

シュノーケルで座間味島の海の中も満喫

SUPで海の景色を堪能した後は、シュノーケルで自然豊かな座間味島の海を観察。

SUPのままの格好で参加できるので、日焼けさえ気にしなければ持ち物は着替えと飲み物だけでOK。マスクとフィンは貸してもらえるので、こちらも気軽に挑戦できますよ。

座間味島の海は自然豊かで、珊瑚や様々な熱帯魚と出会うことができます。 座間味島の海は自然豊かで、珊瑚や様々な熱帯魚と出会うことができます。

海の中はまるで色とりどりの花が咲きみだれるお花畑のよう。座間味島の海は自然豊かで、珊瑚や様々な熱帯魚と出会うことができます。

おや、珊瑚の合間から顔を覗かせているお魚がいますね。このオレンジ色の可愛いお魚はハマクマノミでしょうか?

ウミガメもこんな近くで見られるなんて感動!

ウミガメもこんな近くで見られるなんて感動!人慣れしているのか、手の届きそうなところまで寄っても逃げていきません。でも触ったり追いかけたりしたらダメですよ。

今回は座間味島でSUPとシュノーケルに初挑戦しました。

と言うことで、今回は座間味島でSUPとシュノーケルに初挑戦しました。

コツを掴むまでは何度も海に落ちたけど、慣れてみるとスーイスイ。エメラルドブルーの美しい海に囲まれて、のんびりと海上散歩することができましたよ。

こんなに早く乗れるようになったのも、DRIFTERのスタッフさんの丁寧なご指導のおかげ。座間味島の海を余すことなく楽しむなら、ぜひシュノーケルとセットで挑戦してみてくださいね。

観光体験が最大50%OFFになる!
\お得な「座間味島・珊瑚の楽園SUPツアー」はこちら!/JJ Activity 沖縄 体験 アクティビティ

\おきなわ体験最大50%OFFキャンペーンとは?/
沖縄 観光 体験 キャンペーン 50& OFF

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

11月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション