「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

くらし

2018.11.30

子供たちに人気!「遊ぶ・学ぶ・憩う」浦添大公園の3つの魅力に迫る

こども

国道330号線を走行していると、浦添市の伊祖トンネル付近から見える長いローラーすべり台が目印となる『浦添大公園』。

浦添大公園

自然豊かな広い敷地内は、『ふれあい広場ゾーン』『歴史学習ゾーン』『憩いの広場ゾーン』とテーマ別に3つのゾーンにわかれて、地元の人たちに憩いの場として親しまれています。

1日では遊び尽くせない広い敷地の「浦添大公園」

『ふれあい広場ゾーン』には、老若男女問わず楽しめる遊び広場や展望広場、芝生広場があります。ローラーすべり台や遊具が設置され、週末はファミリーで大賑わい。最近では、外国人ファミリーや観光客の方々、近隣保育園の幼児たちも遊びに訪れて、平日でも子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきます。

『歴史学習ゾーン』には、「浦添城跡」や「浦添ようどれ」「高田高地」など王朝時代の史跡が残され、浦添の歴史について散策しながら学べます。メル・ギブソン監督の映画「ハクソー・リッジ」の舞台となった「前田高地」を訪れる外国人観光客も増えています。

当山の石畳道

『憩いの広場ゾーン』は、浦添市指定文化財「当山の石畳道」や「干支橋」があり、自然豊かな木々に囲まれ、ピクニックやレクリエーションを楽しめる芝生が広がっています。

「憩いの広場ゾーン」に県内に数少ない乳幼児向け遊具が登場!

『憩いの広場ゾーン』には、1才から3才を対象とした乳幼児エリアの「わんぱく森のいきいきパラダイス」と3才から6才を対象とした幼児エリアの「ツリーハウスアドベンチャー」が登場しました。

わんぱく森のいきいきパラダイス

柵で囲まれた「わんぱく森のいきいきパラダイス」エリアは、出入り口に簡単な施錠が付いていて、安心して遊ばせられます。

わんぱく森のいきいきパラダイス

わんぱく森のいきいきパラダイス

18種類の遊具に興味深々で遊んでいる子どもたちの姿がとてもかわいいです。

エリアツリーハウスアドベンチャー

「エリアツリーハウスアドベンチャー」エリアには、最近あまり見かけなくなったシーソーやロープウェイなどの遊具が33種類。初めて見る遊具ばかりで大人でもテンションが上がります。

エリアツリーハウスアドベンチャー

この2つのエリアの床は、転んでも痛くないようにクッション性の高いカバーが敷かれ、安全対策が施されています。

屋根付きベンチでのんびりと休憩

「わんぱく森のいきいきパラダイス」エリアの側にある屋根付きベンチでのんびりと休憩できるのも嬉しいです。

目指すゾーンが遠い!?まずは、駐車場の場所を確認

「浦添大公園」の敷地内はとにかく広く、各ゾーンごとに駐車場が異なります。『憩いの広場ゾーン』の駐車場は、沖縄紙業(浦添市当山)の向かいにあります。事前に駐車場の場所を確認してからお出かけください。

『ふれあい広場ゾーン』にあるの一部の遊具が点検中のため、今回は利用できませんでした(2018年11月現在)。朝9時の開園から思いっきり遊んで、楽しく学べて、21時の閉園間際まで展望台からの夜景を眺められます。子どもから年配者まで年齢問わず、浦添大公園で「遊ぶ・学ぶ・憩う」時間をお過ごください。

【基本情報】
住所:浦添市伊祖115-1
電話:098-873-0700
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし
駐車場:200台
https://www.urasoedaipark-osi.jp/

 

文・撮影:ナカマカナコ

みやねえ講座
この記事を書いた人みやねえ 講座

二拠点生活フリーライター・編集者みやねえが、沖縄で開催するWebライティング講座。「人に伝わる文章を書こう」をテーマに文章を書く基礎知識の習得、執筆の実践練習(編集付き)を行う。ゴールはメディアやブログに記事を掲載して実績を作ること。
Twitter https://twitter.com/miya_nee3
講座概要 https://miya-nee.com/web-writing3/

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

12月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション