「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

浜比嘉島

琉球はじまりの地と呼ばれる「神の島」

浜比嘉島は、沖縄本島から「浜比嘉島大橋」という橋を渡ってアクセスできる離島のひとつです。

 

この島は琉球の祖神である「シネリキヨ」と「アマミキヨ」が生活していたといわれている「神の島」であり、神々への配慮と豊かな自然が息づくパワースポットとして人気を集めています。

 

那覇空港から車でおよそ1時間半というアクセスのよさに加え、海中道路経由で周辺の離島めぐりもできるため、沖縄本島での観光に飽きてしまった人、車でゆったりと沖縄のリゾートスポットを見て回りたい人にもおすすめです。

 

島の奥にある駐車場に車を泊めると、駐車場のすぐ先には「ムルク浜」というビーチがあり、青い海と白い空で構成された景色を楽しめます。また、鳥居をくぐり、趣のある長い石階段を登っていけば、「シネリキヨ」と「アマミキヨ」が生活をしていた場所とされる「シルミチュー」という洞窟も見学可能。シルミチューは限られた日にのみ入ることのできる特別なパワースポットで、子宝祈願や五穀豊穣、健康安全祈願のパワースポットとしても有名です。

 

また、「アマミチュー」というアマミキヨとシネリキヨのお墓もあります。その他に、大きなガジュマルの木に囲まれた「シヌグ堂」や、島民の生活を支えてきた井戸(カー)である「アガリガー」など、観光スポットには事欠きません。

取材記事はこちら

島全体がパワースポット!沖縄の神秘的な離島「浜比嘉島」で島民の暖かさに触れる

施設情報

関連記事

12月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション