「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2022.12.01

「コーヒーで普通の生活をややおもしろく」名護市の「DONABE-COFFEE」で店主自慢の絶品コーヒーとハブサブレーを味わってきた!

「コーヒーで普通の生活をややおもしろく」名護市の「DONABE-COFFEE」で店主自慢の絶品コーヒーとハブサブレーを味わってきた!

こんにちは、コーヒー大好き系ライターのもーりーです!早いことにもう12月、少し肌寒くなって温かいコーヒーが恋しくなってきましたね。

美味しいホットコーヒーを求めて筆者がやってきたのは沖縄の北部・名護市の城。なんでもここには土鍋で焙煎したコーヒーがあるんだとか!?

ということで今回は、他とはちょっと違った味わいの特別な1杯を紹介しちゃいます。

DONABE-COFFEE

那覇空港から車で2時間ほど、名護市城の静かな裏路地の一角に「DONABE-COFFEE」はあります。

色褪せた建物からふんわりと漂う爽やかなコーヒーの香り。何とも言えないレトロな雰囲気が、コーヒー好きの心にグッと刺さりますね。

DONABE-COFFEE

オープンから今年で9年、スナックだったお店をほぼそのまま使っているのだそう。テイクアウトのみ(予約制の占いのお客様のみ店内飲食可)なので飲食用の席はありませんが、居心地の良さについつい長居してしまうお客さんも多いそうですよ。

店主の船田さん

お話をお伺いしたのは店主の船田さん。コーヒーにハマって以来、焙煎のみならず今帰仁村でコーヒー豆の栽培も始めたという根っからのコーヒー好き店主。

焙煎方法にもこだわっており、今はこの土鍋でコーヒーを焙煎しているんだとか。

「普通の生活をコーヒーで楽しくしたい」と船田さん。農業を機に始めた占いもお客さんに大好評なのだそうですよ。

DONABE-COFFEE

コーヒー豆はブレンド豆も含めて4種類ほど。1杯350円からと価格もかなりリーズナブルですね。ハンドドリップ教室や占い付きコーヒーなどの楽しそうなメニューも気になります!

DONABE-COFFEE

土鍋での焙煎は、遠赤外線の効果で外側をあまり焦さずに中までしっかり火を通せるのだそう。マイルドな苦味でより果実感のある甘みが特徴です。

ちなみに、豆のみの購入は前日までの予約制。

DONABE-COFFEE

こちらは名物の「ハブサブレー150円」。あの「鳩サブレー」公認の商品で、爽やかなシークヮーサーの甘酸っぱさが美味しいコーヒーと相性バッチリ。

お土産には左の「こはぶちゃん200円」がオススメだそうですよ〜。

ということで今回は、名護市の人気コーヒー豆店「DONABE-COFFEE」を紹介しました。

11月から4月にかけては、自家栽培したコーヒー豆を置いていることもあるのだそう。詳しくは下記のインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

[基本情報]DONABE-COFFEE
住所/沖縄県名護市城1-22-2
電話/0980-52-5003
営業/11:00〜18:30
定休日/日曜、祝日
駐車場/あり
Wi-Fi/なし
クレジットカード/不可
https://www.instagram.com/donabecoffee/

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔
某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。 このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

1月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション