「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2022.06.01

ファミレス感覚で味わう!うるま市の山羊専門店「やぎとそば 太陽」定番の山羊汁や刺し身にラーメン・パスタまで?!

沖縄の食文化の中でもひときわ異彩を放つ「やぎ料理」。一風変わった料理と思いがちですが、沖縄では新築祝いをはじめ特別な日を彩る行事食として浸透している面もあり、コアなファンの心をつかんで離しません。

そんなやぎ料理を心ゆくまで楽しめるお店が、うるま市石川にある「やぎとそば 太陽」。本格的なやぎ汁から麺と組み合わせた新感覚の料理まで提供している、地元のお客さまはもちろん観光客にも人気の「やぎ料理専門店」です。

飼育法や調理法にこだわった、おいしいやぎ料理

お店を訪ねると親しみやすさを感じる昔ながらの食堂スタイルで、席数が多くファミリーで来ても安心です。

「父が以前からやぎを飼育していて、キッチンカーでやぎ料理を出すようになりました。そこから人気が出て店舗を構えようと計画し、ここのオープンに至りました」とお店の成り立ちを語ってくれたのは、スタッフの池宮城新奈(いけみやぎ・にいな)さん。

「私たちのやぎは、飼育の段階からおいしくなる工夫をしています」と話を続けます。

まずとうもろこし・ハーブ・もろみ酢などを餌に加えて育てることで、臭みが少ないおいしいお肉になるそうです。さらに下処理に時間をかけ臭みを取ります。

「シンメーナービ」という沖縄の伝統的な大鍋で8時間煮詰め、沸騰しないように気を付けているのだそう。油やあくを丁寧に取り、自慢のやぎ汁の出来上がりです。

テイクアウトや配達で、やぎ汁パーティー!?

やぎ料理になじみのない方は、店内のにおいも気になり敬遠しがちだったりするのでは!?

ここ太陽の調理場は別の場所にあって、そこで一気に炊き上げてから店舗に運びます。独特のにおいが料理の特徴ではありますが、店内でやぎの臭みを感じることはないのでご安心ください。

そしてやぎ汁は「脂の量がオーダーできる」こともポイント。「脂は0から3まであり、まずは0か1をおすすめしています」と池宮城さん。やぎの風味をより味わいたい上級者は3でもいいかもしれませんね。お好みでどうぞ。

太陽のやぎ汁は店内でいただく他、30人前からはテイクアウトも配達もOK。値段は生ショウガやヨモギなどの薬味、どんぶりや割り箸など食べる時に必要な物がそろっていて「一人前1080円」。ガス釜などの機材は、2000円でレンタルできるそうです。(10日前までに要予約)

なんと「近々500人前を配達します」と池宮城さんが教えてくれましたが、会社やお店のお祝いごとやイベントに向けた大量注文は少なくないのだそう。家族や親戚、仲間内でのパーティーでもニーズがあります。テイクアウトや配達で「観光で来ておいしいやぎ汁を食べる」という新しい沖縄の楽しみ方も体験できそうですね。

お土産にGOOD!ハーブ付きスープに冷凍食品

やぎ料理のレストランとしておすすめの太陽ですが、「やぎを食べる層を広げていきたい」という取り組みにも注目。レトルト化に力を入れていて、特にオリジナル商品「CUPでYAGI SOUP」はお土産にチョイスしたい品です。

電子レンジで3分温めるだけで、自宅で簡単に太陽のやぎ汁を味わうことができるんですよ。ハーブ3種(ヨモギ七味・パクチー・長命草)を選べて各1300円。おしゃれなパッケージが目を引きます!

その他にも「レトルトやぎ汁」(1500円)、または冷凍食品も「冷凍真空パックやぎ汁」(1620円)、「冷凍やぎ刺し」(864円)など充実の品ぞろえ。何とやぎの睾丸をスライスした希少部位「やぎ玉刺し」(ワンパック2160円)もあり、やぎは余すことなく食べることができるんだと実感。

通の方は好みの料理や刺し身を食卓で楽しんでいるのかもしれません。「やぎ刺しは12カ月未満の精肉を使い、冷凍で120日保存できます」とのことでした。

味は保証付き!ラーメン、パスタ、シチューで食べるやぎ

やぎを食べる層を広げ、オリジナルやぎのブランド化も進めているという太陽は、メニュー開発にも熱心です。

まずは「やぎラーメン」。 沖縄のおいしい料理を決める食フェス「ガチめしグランプリ」初代グランプリに選ばれ、やぎ初心者におすすめ。やぎ汁よりもまろやかで、麺とスープがよく絡み抜群の食べやすさです。麺の上に載ったやぎ肉もやわらかで、一杯1210円です。

そして若い方に好評なのが、「やぎボロネーゼ」(1210円)。「第2回ガチめしグランプリ」でグランプリに輝き、ラーメンに続いて2連覇達成となった料理です。

モチモチな沖縄そばの生麺にやぎのひき肉を合わせ、パスタのように気軽に食べられます。ひき肉はやぎの汁で煮詰めていてしっかりとした味わいですが、臭みなどなく上品。

日常にある麺メニューとやぎ肉とのコラボは、「食べてみよう、食べてみたい」という人を確実に増やしていますよね。麺料理だと親しみやすく「食べてみたい」と思いませんか?

池宮城さんにお気に入りメニューを聞くと「やぎラーメンです。大好きでよく食べています。そしてやぎの風味をしっかり味わえる、やぎ鉄板焼き定食もおすすめです」とのこと。

また地元商工会からの受賞実績がある「やぎシチュー」は、味の実力派。店内で食べて気に入り、レトルトを買って自宅で食べる方も多いようですよ。

このように数々のやぎ料理を手掛けている太陽ですが、実は牛ステーキも好評。

ボリュームたっぷりの「サーロインステーキ」、脂に甘みがあるアンガス牛の筋を手間隙かけて取り除いて焼くやわらかな「サイコロステーキ」をリーズナブルな価格で提供しているので、次は絶対食べてみたいと思いました。

「お父さんはやぎ料理、ご家族はステーキや沖縄そばなどを注文するパターンが多いです。団体で来られる方も多いので、やぎが食べられない方向けのメニューも充実させています」と語る池宮城さん。

「いろんな料理がありますが、やぎの食文化を味わっていただけたらうれしいです」と笑顔でメッセージをくれました。

食わず嫌いだったり、苦手意識を持っていたりする人が多いのでは? と思えるやぎ料理。ここに来て食べやすい料理を味わうことで、やぎのおいしさを知る・・・そんなストーリーをイメージさせるステキなお店です。沖縄の食文化を知る一歩としてご利用ください。

[基本情報]やぎとそば 太陽
住所:沖縄県うるま市石川2丁目10-18
電話:098-965-3133
営業時間:ランチ/11:00〜15:00(L.O.14:30) ディナー/17:00〜21:00(L.O. 20:30)
​​定休日:不定休
駐車場:あり
<公式サイト>http://r.goope.jp/yagisoba-taiyou

執筆協力:Shotaro
撮影・編集:饒波貴子

nohatakako
この記事を書いた人饒波 貴子

那覇市出身・在住。OL生活、週刊レキオ編集室勤務を経て、フリーライターに。現在は沖縄のエンターテインメントおよび店舗紹介を中心に取材・執筆。ウェブマガジン「琉球新報Style」、雑誌「porte」ほかで執筆中。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

12月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション