「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

観光

2020.07.13

美しい海にぐるりと囲まれた「浜比嘉島」のビーチを紹介!

美しい海にぐるりと囲まれた「浜比嘉島」のビーチを紹介!

沖縄本島を一通り旅をした方は、本島から車で行ける離島を訪ねてみませんか?

おすすめは、本島には少なくなった沖縄らしさがあちこちにあり、美しい海にぐるりと囲まれた「浜比嘉島」。海中道路を渡るとまるで別世界のようなのどかな雰囲気に包まれます。

ここではそんな浜比嘉島のビーチや、島周辺のおすすめ観光スポットを紹介します。

浜比嘉島の主要ビーチを紹介!

浜比嘉島北部「浜比嘉ビーチ」

浜比嘉島北部「浜比嘉ビーチ」

浜比嘉島にあるビーチの中でもダントツにきれいだと人気な「浜比嘉ビーチ」。駐車場から防風林を抜けると、一気に視界が開けて真っ青な海と真っ白な砂浜が広がります。

人工のビーチですが公認の海水浴場ではなく、マリンスポーツは不可。しかし砂はさらさらと細かく、防波堤があるために波も穏やか。遠浅ですので、まだ小さいお子様と一緒でも遊べますよ。監視員はいないので目は離さないようにしましょう。

器材と食材を持ち込めば、BBQも可能。ただ、設備は整っていないので、自分たちで準備、片付けをする必要があります。

[基本情報]浜比嘉ビーチ(ふるさと海岸)
トイレ:あり
シャワー:あり
駐車場:あり(無料)

浜比嘉島東部「兼久ビーチ」
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

n a n a 🐬 💜(@nanami__84)がシェアした投稿

浜比嘉島の天然ビーチとしておすすめな「兼久ビーチ」。大きな岩がごろごろあるのが特徴です。近くには聖地「シルミチュー」があり、目の前には遺跡が発見された「クバ島」があります。

管理されたビーチではないため、シャワーなどの設備はありません。駐車場隣の公園にトイレはあります。

波は大変穏やかで海の透明度も高いですが、BBQやマリンスポーツなどは不可。クラゲネットはなく監視員もいないので、遊泳する際は十分に注意が必要。

波打ち際で遊んだり夕日をみながら散歩したりして、天然の神秘的な美しさを感じてくださいね。

[基本情報]兼久ビーチ
住所:沖縄県うるま市勝連比嘉1606-3
トイレ:なし
シャワー:なし
駐車場:あり(無料)

浜比嘉島南部「ムルク浜」

浜比嘉島北部「浜比嘉ビーチ」

浜比嘉島の天然ビーチで、マリンスポーツなども楽しみたい方は「ムルク浜」がおすすめ。他のビーチと同じく透明で綺麗な海、そして白くてサラサラの砂浜があります。

ビーチまでの道が細いためか、トップシーズンの週末でもなければあまり人がおらず、静かでゆったりとした雰囲気が漂います。駐車場の隣にはトイレやシャワー、売店もあり、マリンスポーツの受付も行っています。ビーチバレーの設備もありますので、友人や家族と楽しんでも良いですね。

売店には軽食もありますが、バーベキュー器材の貸し出しもありますので開放感あふれるビーチでのBBQも可能ですよ。

[基本情報]ムルク浜
住所:沖縄県うるま市勝連比嘉伊芸上231
トイレ:あり
シャワー:あり
駐車場:あり(1日500円)

浜比嘉島ってどんな離島?

浜比嘉島ってどんな離島?

沖縄県うるま市にある浜比嘉島は、海中道路と呼ばれる橋で沖縄本島と繋がっていて、車で行ける離島です。那覇空港から車で1時間半ほどの距離で、周囲は7kmと小さめ。

今の沖縄本島ではあまり見ることができない、古き良き沖縄の集落が浜比嘉島にはあります。散策をすればきっと心が穏やかになるはず。

むかし浜比嘉島には神が住んでいたと言われていることから、「神話の島」や「神々の島」と呼ばれることも。島内には30カ所以上もの神へ祈りを捧げる拝所や御嶽があり、神々の伝説が現在も残っています。「シルミチュー霊場」や「アマミチューの墓」がパワースポットとして有名ですよ。

特産物は「もずく」。もずくコロッケなど、ここでしか食べられないちょっと変わった料理も楽しんでくださいね。

関連記事▼
島全体がパワースポット!沖縄の神秘的な離島「浜比嘉島」で島民の暖かさに触れる

浜比嘉島近く!おすすめ観光スポット

宮城島「果報バンタ」

宮城島「果報バンタ」

果報バンタは沖縄屈指の絶景スポットとして有名です。場所は海中道路で本島と繋がる4つの島の1つ、宮城島。浜比嘉島からは海中道路を使って平安名島を通過すれば、すぐに到着します。

「バンタ」は方言で「崖」を意味しており、崖の上から見る一面の海と空の雄大な光景は、一度見たら忘れられない景色となるでしょう。

なお、近くには「ぬちうなー」という塩工場があり、塩スイーツが有名です。果報バンタは塩工場の見学とセットでの観光がおすすめですよ。

関連記事▼
断崖の上から太平洋を一望!海中道路の先、車で行く沖縄の離島・宮城島の景勝地「果報バンタ」

海の駅あやはし館「海中茶屋」

海の駅あやはし館「海中茶屋」

「海中茶屋」は2018年の8月に改装したばかりのレストランで、海中道路の上にある「海の駅あやはし館」にあります。豪華客船の船内のような内装で全席オーシャンビュー、ソファー席・テーブル席・テラス席を完備!大勢でもゆったりくつろいで美味しい食事を楽しめます。

うるま市の沖縄そばランキングで1位をとった「沖縄そば」が人気ですが、「ネギトロ丼」や「ごろごろビーンズカレー」など、和洋食もおすすめです。

関連記事:うるま市の海中道路で絶景を一人占め!海の駅あやはし館、船内で寛ぐような「海中茶屋」

勝連城跡

勝連城跡

2000年にユネスコの世界遺産に登録された「勝連城跡」は、自然の断崖を利用した難攻不落の城跡。沖縄ではお城のことを「グスク」と呼びますので、「勝連グスク」の名でも知られています。

現在は石垣が残っていて、そこに登ると見渡す限りの青い海が広がります!広大な城址の上で爽やかな海風を受けながら、歴史に思いをはせてみるのも良いですよ。

JJガール

数々の神話が残り、「神々の島」と呼ばれる浜比嘉島のビーチと周辺スポットを紹介しました。人工と天然のビーチがありますが、いずれにせよ人が少なく、プライベート感満載で素敵な時間を過ごせます。

浜比嘉島へいくときにはぜひ立ち寄って、遊泳やシュノーケル、浜辺の散策などを楽しんでくださいね。

お得に沖縄旅行!
\ツアー予約はこちらから/
https://www.jumbotours.co.jp/jj-tour/okinawa/

この記事を書いた人Feel沖縄 編集部

旅行のお役立ち情報や観光まとめ記事を中心に「感じる・触れる・心動かされる」そんな沖縄を身近に感じる情報をお届けしています!

このライターの記事一覧

キーワード:

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

6月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション