「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

観光

2020.05.05

懐かしい日本の景色に出会える場所!那覇市のレトロ雑貨・家具のお店「じーさーかす」

じーさーかす

プライベートで愛用しているカメラはNikomatのフィルムカメラ、そんなレトロ小物が大好きな筆者の心をくすぐるお店がこちら。那覇市牧志、古い沖縄の面影を残す通り沿いにある「じーさーかす」。小さな店内には、所狭しとレトロ雑貨が並んでいます。

じーさーかす

那覇空港から約15分、えびす通りのすぐ近くにお店があります。

「古い瓦屋根がいい感じですよね」と話すのは店主の米木さん。築50年以上の古民家は、筆者が小さい頃に見た駄菓子屋と同じような雰囲気をしていました。

小さな店内にはレトロ雑貨がいっぱい。手前にあるジュークボックスは今も健在で、100円で2曲再生することができます。レコードの独特な音、昭和のあの曲が心に染みる…。

じーさーかす

じーさーかす

若い方から年配の方までどの世代にも人気なものが、古いピンバッチやステッカー。

海外のものが中心ですが、ビックリマンシールなど馴染みのあるものも。お宝探し感覚でワクワクしながら選ぶことができます。

じーさーかす

じーさーかす

じーさーかす

当時薬局や銀行などでもらえたノベルティーや、ブリキのおもちゃ、古い看板などもたくさん。レトロ風カフェのオーナーさんや外国人の方にすごく人気だそう。貴重な逸品が眠っているかも!?

お店では古家具も販売しています。米木さんのオススメは、木材がいい感じに色づいたスツール。この古さがなんとも言えない存在感を醸し出しています。

店主の米木さん

取材にお答えしていただいた店主の米木さんです。レトロ雑貨に夢中になるきっかけは、旅の中で出会った50年から70年代のファイヤーキングのカップだったそう。お店を始めた今も、ご自身の足で全国の骨董市を回って商品を集めているそうですよ。

「ここにあるのは私の好きなものばかり。お店は自分の部屋のようなものです」そうおっしゃる店主の米木さん。

商品は全て、米木さんが各地を廻りコレクターの方々と直接交渉して集めたものだそう。筆者のような30代以上の方々には懐かしいあのおもちゃや、あの看板、ノベルティー、中には海外の珍しいものまで。昭和の後期から平成の初期、古き良きあの頃の思い出に出会えるお店です。

 

[基本情報]じーさーかす
住所:沖縄県那覇市牧志3-4-6
電話:098-943-1154
営業:11:00〜19:00
定休日:不定休
駐車場:なし
クレジットカード:可
Wifi:なし
煙草:禁煙

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

10月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション