「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

観光

2019.07.18

沖縄本島北部の食や特産品が楽しめる!名護の市街地にある「名護市営市場」を散策

自然豊かな沖縄県名護市出身のライター、ヒガナツコです。名護市には、名護パイナップルパークやオリオンビール工場など、観光スポットが数多く存在します。その中でも今回は、古くから地元の方に親しまれ、長い歴史を持つ「名護市営市場」を散策しました。

名護十字路に位置する2階建ての施設「名護市営市場」とは?

大正10年に誕生し、約100年の歴史を持つ名護市営市場。昔から地元の方の生活を支え続けています。建物の老朽化が目立つようになり、場所を移転して新たに建設。平成23年に「食文化の発信拠点」として新しく誕生しました。

沖縄自動車道を利用すると、那覇空港から約1時間30分。最終地点の沖縄道許田ICを降りて約15分ほどで到着します。西海岸の国道58号線を北向けにまっすぐ走り、名護漁港が見えたところで右に曲がると、名護市の繁華街、通称「名護十字路」に到着。その角に名護市営市場があります。

市場の隣には駐車場があり、名護市営市場を利用した方は2時間無料で駐車可能。利用者に優しいシステムです。

さっそく名護市営市場の散策スタート!8店舗を紹介します

駐車場に車を停めて、さっそく散策スタート。2階建ての市場にテナントが入っています。まずは、1階スペースから散策してみました。

1軒目に訪れたのは、揚げたての天ぷらが食べられる「玉城そうざい」。すぐ近くにある「名護漁港」から仕入れた新鮮な魚の天ぷらを販売しています。魚やイカの天ぷらのほか、キクラゲの天ぷらやかき揚げもあり、そのほどんどが50円で購入可能。低価格で数種類の天ぷらを楽しめます。

玉城そうざいは優しい笑顔が印象的なご夫婦が経営。気になることを質問すると、気さくに話してくれて、天ぷらのサービスまでいただきました!店員さんとお客さんの距離が近く、気軽に交流できるのは市場ならではの魅力です。

[基本情報]玉城そうざい
電話:0980-53-3102
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜日

次は新鮮な魚が並ぶ「渡久山鮮魚店」へ。店員さんが目の前で大きな魚をさばき、隣のショーケースに柵状の刺身が並びます。「マグロを1,000円分」と金額を指定して注文すると、その値段に相当する量だけ切り分けてくれるスタイルです。

マグロやサワラ、カンパチのほか、ミーバイやガーラ、タマンなど沖縄で親しまれている魚も販売。どの魚がおいしいのかわからない場合は、店員さんに聞いてみてください。小さいサイズのマグロは脂が乗ってなく、変色しやすいため50キロ台のものだけを仕入れているそうです。

[基本情報]渡久山鮮魚店
電話:0980-52-2023
営業時間:9:00~19:30
定休日:日曜日

渡久山鮮魚店の隣には同じく鮮魚店の「いちろう鮮魚」があります。カーエー、アカマチ、グルクンなど沖縄方言で魚の名前がたくさん張り出されていますが、提供しているのはその日仕入れた魚次第なんだとか。

切り身を味噌につけて食べる「味噌和え」を販売。もずくが添えられていて、お酒のおつまみにもってこいなこちらのセットは1000円で購入できます。新鮮な魚の切り身をこの価格で食べられるのは嬉しい!

[基本情報]いちろう鮮魚
電話:0980-53-6666
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休

市場スペースを出たところには、沖縄の有名どころの商品を取り揃えたセレクトショップ「名護商店」があります。沖縄雑貨を取り扱う店舗と、その2軒隣には食品を取り扱う店舗もあり、どちらも名護商店です。

雑貨の店舗には、沖縄クリエイターオリジナルTシャツや、「オリオンビール」「ブルーシール」のロゴ入りグッズなどが並びます。少しユニークなお土産として喜ばれそうです。

オリオンビール工場のTシャツはインパクト大。購入してその場で着用し、沖縄気分を味わうのもありですね。

食品の店舗には、地元食材を使った調味料や、バラマキ土産にもってこいのお菓子が並びます。特に気になったのが、沖縄の八重山地方でよく見かける「ピパーチ(ヒハツモドキ)」が入ったブラウンシュガー。粉黒糖の甘さとピリッとするスパイシーさが、コーヒーのアクセントになりそう!購入前に試食も可能です。

[基本情報]名護商店
電話:0980-43-6950
営業時間:10:30~18:30
定休日:年中無休(臨時休業あり)

名護商店の隣には、オーガニック食材や手作りの雑貨を販売している「イマル商店」があります。店員さんの「あったらいいな!」と思う商品を取り揃えており、どれも継続的に購入できるような金銭的に優しいものばかり。

手袋2つを縫い合わせて作った動物の人形や塩の入ったジュゴンのマスコットなどは、店員さんの手作りだとか。温かみのある商品なだけに小さな子どもへのお土産にも良さそうですね。

[基本情報]イマル商店
電話:080-3015-412
営業時間:火~金14:00~18:00、土・日12:00~18:00
定休日:月曜日、第1・3日曜日

1階の広場にはテーブルとベンチが用意され、購入したものをここで食べられます。地元の方たちが休憩するスペースも兼ねていて、ほっこりとした雰囲気に包まれていました。

建物の外周をぐるりと回ってみると、名護市公認キャラクターの名護親方(名護うぇーかた)を発見!一緒に記念撮影ができます。

名護市営市場の2階へ!食事どころやカフェ、名護市が運営するセレクトショップもある

2階フロアへ上がってみました。地元の方から「さくら食堂のもやしそばが絶品!」との噂を聞いて、ランチは「さくら食堂」のもやしそばに決まり!

サイズは小と大があり、私は小を注文しました。しばらくすると、大量のもやしが盛られたもやしそばが出てきてびっくり。「間違えて大を注文してしまったかも?」と思いましたが、小でこの量だそうです。

上に乗っているもやしとニラ、豚肉の炒め物はピリっと辛くて食欲をそそります。食べても食べてもなかなか麺にたどり着きません。それもそのはず、小は400グラム、大は450グラムのもやしを使用。かなりボリューミーな沖縄そばです。

注文時に「もっと辛くしてほしい」と店員さんに伝えると、辛さをプラスしてくれるそう。辛いもの好きな方はぜひ挑戦してみてください。逆に、辛さを抜くこともでき、小さい子どももおいしくいただけます。

[基本情報]さくら食堂
電話:0980-54-3939
営業時間:月~土11:00~15:00、日11:00~22:00
定休日:不定休

お昼ご飯を済ませた後は、食後のコーヒーとスイーツを食べに、同じく2階にある「カフェ・ド・ルイシャン」へ。コーヒーで有名なキーコーヒー07番を生み出した本店が福岡にあり、こちらでも本格派のコーヒーが楽しめます。

コーヒーは贅沢なほどたっぷりの生クリーム付き!生クリーム好きなら思わず心が踊るでしょう。

数種類のデザートの中から、ふわふわの手作りシフォンケーキを注文。コーヒーとの相性が良く、ほっと一息つける1品です。そして、ここにも生クリーム!

[基本情報]カフェ・ド・ルイシャン
電話:0980-53-3677
営業時間:火~金14:00~18:00、土・日12:00~18:00
定休日:月曜日、第1・3日曜日

最後に紹介するのはやんばるの特産品や食品、雑貨などがセレクトされた「Nago Grocery Store」へ。他ではあまり見ない珍しい地元の商品や沖縄作家の作品が並び、つい長居していました。

さまざまな陶芸家によるやちむんは、ポピュラーなデザインから、個性的なデザインまで取り揃えており、食器のほか、箸置きやブローチなど小さい焼き物ならお土産にも重宝して、お気に入りの1つを見つけられそう。

琉球藍を使用した藍染め商品もあります。発色の仕方やムラの出方が一つ一つ異なる手染め。涼しげな色合いで、暑い夏に着たい商品です。

やんばるの森の中で造られた生蜂蜜。みつばちを育てるところから、蜜蜂の採取までやんばるの森の中で行なわれているそうです。タンカン・シークァーサー味の爽やかな蜂蜜や、イジュの花を原料にした黒糖のような味わいの蜂蜜など、数種類あります。

店内に休憩スペースを設けて、ドリンクを購入した際に利用できます。持ち帰りも可能な瓶の沖縄限定ドリンクには、粗ごしシークヮーサーとタンカンで作ったさぁ〜を冷蔵で販売してます。

オーガニックコーヒー​や沖縄県産のオーガニックティー「金川紅茶」をレジで注文でき、1杯300円税別とコスパ良し。市場散策のラストに休憩がてら立ち寄ってみてください。

[基本情報]Nago Grocery Store
電話:0980-43-6910
営業時間:10:30~18:30
定休日:年中無休(臨時休業あり)

やんばるの食や物に触れられる名護市営市場

古くからの雰囲気が残る店舗と現代的な新しい店舗が混在する名護市営市場。沖縄の食を味わえるのはもちろん、沖縄の伝統工芸品にも触れられます。

本部町の美ら海水族館へ行く途中に、新旧の沖縄の魅力が詰まった名護市営市場へふらりと立ち寄ってみてください。

 

[基本情報]名護市営市場
住所:沖縄県名護市城1-4-17
電話:0980-43-0478(一般社団法人 資源活用管理協会 (指定管理者))
営業時間:店舗によって異なる
定休日:店舗によって異なる
駐車場:あり(1時間50円、買い物をした人は2時間無料)

この記事を書いた人ヒガ ナツコ

沖縄県名護市出身、那覇市在住。沖縄や音楽をはじめ、魅力あるものを伝えられる記事が書けるよう日々奮闘中です!現在はライティングと同時にwebデザインを学んでいます。よろしくお願いいたします。

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

3月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション