「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

観光

2018.11.27

恋の島・古宇利島を360度展望!世界の貝殻展示やカートに乗車「古宇利オーシャンタワー」

島の周囲を囲むロマンチックな海の景色と古くから伝わる人類発祥の伝説が元となり「恋島」とも呼ばれ、カップルに絶大な人気を誇る古宇利島。その呼び名を象徴する施設が島を見渡す高台にあります。

亜熱帯の景色の中をカートでのぼっていく「古宇利オーシャンタワー」。青い海と古宇利大橋を一望する展望タワーに、まるで竜宮城に来たような気分にさせてくれるシェルミュージアム。レストランやショップなどもあり、古宇利島名産のカボチャをはじめとした沖縄県産の食材を使った料理やお菓子を味わうこともできます。

古宇利島の見所や人々の文化も紹介しているので、島を巡る前にここで情報をチェックすると、よりディープな旅が楽しめますよ。

チケットの購入はこちらから。入園料は大人でも800円とかなりリーズナブルです。

展望塔まではこの自動運転のカートでのぼります。所要時間は約7分、亜熱帯の植物が広がる庭と遠くの古宇利大橋を眺めながらゆったりと過ごしてください。ちなみに、1台だけ色違いのカートもあるそうですよ。乗れるとさらにハッピーな気分になれるかも…。 カートを降りると、この景色をバックにプロのカメラマンが記念撮影をしてくれますよ。

カートを降りてみんなが真っ先に向かうのはやっぱり展望タワー。1Fの「古宇利島資料館」では古宇利島の歴史や文化について知ることもできます。

2Fと3Fは屋内展望フロア。古宇利島のかぼちゃを使ったクロワッサンやシュークリームも売っているので、小腹を満たしながらゆっくり景色が楽しめます。

そして最上階が海抜82mから360度古宇利島を見渡す「オーシャンデッキ」。潮風香る絶景の中、幸せの鐘を鳴らして素敵な思い出を作りましょう。

展望タワーのすぐ隣は「シェルミュージアム」。1万点にものぼる世界中の貝殻を展示しています。ハート貝は特に人気なんだとか。シェルショップでは貝を使ったアクセサリーを購入したり自分好みに手作りしたりできます。

ショップ&ファクトリーでは、お菓子や小物などのお土産を購入することができます。オススメは特に糖度が高いという島かぼちゃを使った「島かぼちゃのカボニー」。試食で丸々1個もらえるので、その美味しさはぜひ現地でチェックしてみてください。店内からは工房の様子も見ることができます。

レストラン オーシャンブルー

「古宇利オーシャンタワー」にはレストランが2店舗とカフェが1店舗あります。今回お邪魔したのは「レストラン オーシャンブルー」。窓の向こうに見える絶景がたまりません。お昼の真っ青な海はもちろんですが、かすかに赤みがさす夕暮れの海もすっごくキレイでしたよ。

絶景にはやっぱり美味しい料理が合います。オーシャンブルー自慢のナポリピッツァは、地元と本場ナポリの食材を使っています。約500度の本格窯で焼きあげるからもっちりふわふわ。贅沢食材を使った「アグーとたっぷり野菜のピッツァ」のセットは2,000円(税別)。また、島かぼちゃを使った「古宇利かぼちゃのシュークリーム270円(税別)」や「古宇利かぼちゃのカボワッサン270円(税別)」も見逃せません。営業時間は10:00〜18:00(L.O.17:30)。

2Fの「オーシャンカフェ」では、沖縄のフルーツを使った約20種類のスイーツを堪能することができます。もちろん景色も最高。こちらは11:00〜14:00まで。

[基本情報]古宇利オーシャンタワー
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:30)
電話:0980-56-1616
定休日:なし
駐車場:あり
クレジットカード:可
煙草:禁煙
https://www.kouri-oceantower.com/

料金:大人800円、中高生600円、小学生300円、小学生未満無料

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

11月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション