「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2022.09.13

ウコン麺とアジクータースープの美味しい組み合わせ 本部町「お食事の店ブーゲン」の沖縄そばがめちゃくちゃうまかった

こんにちは、そばじょーぐーライターのもーりーです!

某雑誌社の某沖縄そば専門誌を担当し、今までに数百杯の沖縄そばを食べてきた筆者がオススメする絶品沖縄そば企画の第5弾。

沖縄そばをめぐる旅で絶対に外せないのが本部町ですよね。町内にはたくさんの沖縄そば屋があり、そのどれもが個性的で美味。今回は、舌の肥えた本部町民すらも美味いと太鼓判を押すあの名店を紹介しちゃいます。

那覇空港から車で2時間ほど、海洋博へと向かう国道449号線から少し外れた静かな通り沿いに今回紹介する「お食事の店ブーゲン」はあります。

そば街道から離れているとは言え、お昼時になるとお店の前の駐車場が大渋滞するほどの人気っぷり。ちょっと懐かしいパーラー風の色褪せた外観がいい味を出してますね。

明るくて清潔感のある店内。テーブル席のほか、奥には家族でくつろげる座敷席、そして外には涼しい風が吹き抜けるテラス席もあります。

趣味の盆栽を生かしたテラス席は、のどかな景色を眺めながらゆっくりとそばを味わいたい方にオススメ。

こうやって少し雑に漫画を置いているのも、昔の食堂感があっていいですね。巻数が飛び飛びなのも食堂あるある?

メニューはこんな感じ。沖縄そばを中心に、カレーライスやみそ汁、ポーク卵など沖縄食堂の定番が勢ぞろいです。

定番は看板メニューの「アラカキそば」ですが、「これも人気よ〜」とお店の方にお薦めしてもらったのは…

麺の上にたっぷりと野菜が盛られた「やさいそば600円」。自家農園で採れた新鮮な野菜を使用。とんこつ出汁がしっかり効いたアジクータースープに野菜のうまみが交わり、より深い味わいになっています。

ツルツルとコシのある手打ち麺にはウコンが練り込まれていて、微かなコクと苦みがアジクータースープをより美味しく引き立てています。

そばのお供に頂いたのは「チャー飯550円」。卵のコクとほのかに胡椒が効いた懐かしい味わいの一品。予想以上のボリュームでかなりお腹いっぱいになりました。

ということで、今回は本部町の名店「お食事の店ブーゲン」を紹介しました。今年で21年を迎えるお店。地元に支えられた沖縄そばは、美味しくも懐かしい、昔ながらの味わいでした。「お肉も美味しいよ〜」と特別に味見をさせてもらった軟骨ソーキはトロトロで美味。次はお肉がたっぷり乗ったアラカキそばも食べたいなぁ。

[基本情報]お食事の店ブーゲン
住所/沖縄県国頭郡本部町野原345-1
電話/0980-48-2800
営業/11:00〜15:30(変動あり)
定休日/日・月曜
駐車場/あり
Wi-Fi/なし
クレジットカード/不可

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

10月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション