「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2022.05.02

やんばるの大自然に包まれた小さなお菓子屋さん 本部町で話題の「Himbeere」で絶品スイーツを堪能する

こんにちは、スイーツ大好き系ライターのもーりーです。

美味しいスイーツの噂をきいてやってきたのは沖縄県の北部、本部町伊豆味。清らかな空気に神秘的なやんばるの森、八重岳周辺では1〜2月ごろに満開の桜を見られることもありドライブスポットとしても人気の場所です。

回紹介するのは、そんなやんばるの大自然の中にある小さなお菓子屋さん。

那覇空港から車でおよそ2時間ほど、沖縄そばのお店やカフェが連なる県道84号線から少し外れた場所に「Himbeere」はあります。静かな森の奥に見えるオシャレな看板は、さながらおとぎ話の中の世界のよう。

レトロで温かみのあるお店。広い庭には椅子があり、自然の中でお菓子を味わうことができます。ちなみに、庭の片隅では先住猫たちがのんびりお昼寝。気分が良ければ触らせてくれるかも?

「静かな場所でお菓子作りがしたい」とこのお店をオープンさせて今年で5年。口コミでお菓子の美味しさが広まり、今では中南部からもお客さんが来るようになりました。

10年間お菓子に携わってきたという店主の宿里さん。神奈川でお菓子作りをしていた時に出会ったドイツ菓子が、お店の商品の中心です。

「ケーキのようにキラキラしているわけではなく、ドイツ菓子はレトロでシックな見た目」その素朴な雰囲気に宿里さんは魅力を感じたのだそう。

「そんなドイツ菓子をより魅力的に表現したい」宿里さんが手がけるドイツ菓子は、どれもシンプルで素朴ながらもどこか愛嬌のある表情。

今回いただいたのは、しっとりとした生地に濃厚なチョコレートの「ザッハトルテ480円」と優しい甘さと酸味の「クランベリーリッチケーキ350円」、そしてどこか懐かしい味わいの「セコア260円」。

ドリンクには「自家製ジンジャーエール」がオススメ。沖縄県産の生姜を使っていてほんのり甘め。スッキリとした後味で、濃厚なスイーツとの相性もいいですよ。

と言うことで今回は本部町伊豆味にある人気のお菓子屋さん「Himbeere」を紹介しました。お菓子には地元の旬の食材を主に使用しているそう。「季節に合わせて少しづつ変わる商品を楽しんでほしい」と宿里さん。ここだけにしかない絶品スイーツを堪能してくださいね。

 

[基本情報]Himbeere菓子店
住所/沖縄県国頭郡本部町伊豆味3268
電話/050-1044-4808
営業/10:00〜17:00
定休日/日・月・火曜(6月からは日〜木の予定)
駐車場/あり
Wi-Fi/なし
クレジットカード/可

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

5月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション