「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

観光

2020.12.07

人気スターがここに来た!HMV&BOOKS OKINAWA〜沖縄ロケ地巡りレポートK-POP編〜

 人気スターがここに来た!HMV&BOOKS OKINAWA〜沖縄ロケ地巡りレポートK-POP編〜

青い海に青い空! 豊かな自然に包まれた沖縄はその美しいロケーションから、映画・ドラマ・バラエティー番組、そしてミュージックビデオのロケ地やイベント開催地に選ばれることが少なくありません。

あこがれのスターの作品や情報を見て、「沖縄にいたんだ!」とドキッとした経験を持っている方もいるのでは!? そんなロケ地を巡ってみましょう。第一弾は韓国アーティストにゆかりのあるスポットを、「K-POP編」として紹介します。

SEVENTEENファンの聖地「HMV & BOOKS OKINAWA

SEVENTEENファンの聖地「HMV & BOOKS OKINAWA」

浦添市西洲(いりじま)のパルコシティ3階にある「HMV & BOOKS OKINAWA」は、音楽・映像ソフト、書籍、雑貨などエンターテイメントに関するアイテムを、幅広く取りそろえているショップ。

言わずと知れた全国チェーンの沖縄店ですが、2019年にオープンし「HMVが沖縄に初上陸」と県民の注目を集めました。そしてK-POPファンの間で、聖地とささやかれているという情報をキャッチ!

実はK-POP界の中でも勢いがあるとされる、SEVENTEEN(セブンティーン)が来店した場所なのです。

韓国出身の13人で結成したボーイズグループSEVENTEEN

韓国出身の13人で結成したボーイズグループSEVENTEENは、コンサートチケット販売時には数分でソールドアウト、2015年デビューの新人の中でCD売り上げの最高枚数を記録し、数々の新人賞に輝いた人気グループ。ファンからは「セブチ」の愛称で呼ばれることもあります。

日本には2016年に上陸し、2019年に開催したジャパンツアーで延べ33万人を動員。日本でも着実にファンを増やしているトップアイドルです。

メンバー全員の手形

そんな彼らの来店記念アイテムがあるというので訪ねてみると、左側の入り口に「メンバー全員の手形」が、写真付きでディスプレイされているではないですか!

「日本でここだけの展示」なのはもちろんです。手のサイズが意外と大きい、いや小さい。指が細い、手相が見えそう、などなど・・・至近距離で確認できちゃいます。うれしいことに撮影もOK

添えられた直筆メッセージは日本語で書かれていて、中には沖縄フレーズを入れているサービス満点のメンバーも。一生懸命書いたひらがな多めのメッセージは胸キュンものでしたし、メンバーがここに来て残した「世界にひとつだけの手形とメッセージ」と思うと本当に貴重な記念アイテムで感激しました。

店長の新里恵さんに話を伺うと、「20196月、SEVENTEENが沖縄でファンミーティングを開催したタイミングで、当店に立ち寄っていただきました。施設オープン前でしたのでスタッフが歓迎し、メディア向けの記者会見も行ったんです」とのこと。

その縁で店内にはCDDVDの他ツアーグッズなどのアイテムが数多く並んでいて、HMV限定のレア物もあるそう。どれを買おうかと、目移りしちゃうこと間違いなしです。

SEVENTEEN BUNKO

読書好きの方にオススメしたいのは「SEVENTEEN BUNKO」シリーズ。HMVオリジナルで、著名海外文学作品の文庫本のブックカバーがメンバー写真になっています。毎日バッグに入れたい「缶入りミントタブレットコレクション」は持ち歩いているだけで、ハッピー気分を演出してくれそうです。

誕生月を迎えるメンバーへのメッセージボード

他にも誕生月を迎えるメンバーへのメッセージボードがあったり、展示パネルの抽選券を配布したりなど、紹介できない情報やサービスがいっぱい! 店舗の最新ニュースをぜひチェックしてみてください。

SEVENTEENはメンバー自らプロデュースをするグループ。知れば知るほど魅力を感じるK-POPスターです」という新里店長のお話に、思わず納得です。CARAT(ファンクラブ)会員の方も彼らが気になっている方も、たくさんの作品・グッズが揃っていて実際に彼らが訪れた記念の手形を見ることができる「HMV & BOOKS OKINAWA」に出掛け、楽しんでください!

思い出エピソード「SEVENTEEN記者会見」

思い出エピソード「SEVENTEEN記者会見」

2019616日、「HMV & BOOKS OKINAWA」を訪れたSEVENTEEN。幸運なことに記者会見を取材することができました。

さわやかながらも美しく、オーラ全開だった13人のメンバー。会見が始まると全員が日本語であいさつし、初沖縄の印象も語りました。「すぐに海を見ることができてうれしい」、「日本最南端のHMVに自分たちのグッズが並んでいるのは特別な気分」など笑顔で話していましたよ。

続いておすすめの韓国料理を教えたり、沖縄の言葉を披露する場面も。美ら海水族館に行ったメンバーもいたそうですが「沖縄の美しい景色に驚いた」、「機会があればイベントを開催したいしまた来たいです」など、沖縄のファンへのメッセージも残しました。最後には「時間を割いて来てくださった」と会見参加者にお礼も。「頑張りますので、僕たちを応援し愛してくださったらうれしいです!」という言葉を残したSEVENTEEN

あの日からさらにスターの道へと進んでいる彼らの、再来沖がかなう日が待ち遠しいです!

豊富なK-POP商品をチェック! JO1メンバーと2ショットも!?

豊富なK-POP商品をチェック! JO1メンバーと2ショットも!?

そしてこのショップ、K-POPアーティスト関連商品が充実しています。CDDVDやグッズはもちろんのこと、写真集にムックや韓国のガイドブックまで、スペースたっぷりな品ぞろえです。

K-POPアーティストたちの愛読書コーナー

K-POPに強いスタッフさんが商品をセレクトしているそうですが、興味深く感じたのは「K-POPアーティストたちの愛読書コーナー」の棚。チェックした情報を元にアーティストのお気に入りの書籍を集め、紹介しているのです。あのスターはどんな本を読んでいるのでしょう・・・!? 店内で確認してくださいね。

JO1(ジェイオーワン)

続いてディスプレイに目を引かれたのが「JO1(ジェイオーワン)」。話題のオーディション「PRODUCE 101 JAPAN」で選ばれた11人によるボーイズグループで、最近オススメのアーティストとのこと。

リーダー與那城奨(よなしろ・しょう)さん

全国のHMVショップにメンバーの等身大パネルが1つずつ飾られているそうですが、ここにはリーダー與那城奨(よなしろ・しょう)さんのパネルが! 実は與那城さん、沖縄出身なんですよね。うれしくて誇らしく今後の活躍に期待し、隣で写真を撮り2ショット感覚を楽しみました(笑)。HMV限定のメンバーコメント映像も流れていましたよ。

「来店してゲットできる情報もあるんです」と教えてくれた新里店長。実際に足を運んで貴重な情報を入手し、ここでしか見られない映像で推しメンバーの表情を楽しめて一石二鳥! 取材は平日に行いましたが、学校帰りの女子中高生がSEVENTEENJO1のコーナー付近に集まっていました。

沖縄テイストもたっぷり「HMV & BOOKS OKINAWA

沖縄テイストもたっぷり「HMV & BOOKS OKINAWA」

今回、「SEVENTEENファンの聖地」をテーマに取材を進めた訳ですが、K-POPやアイドルといったくくりから離れても「HMV & BOOKS OKINAWA」は魅力あるエンタメ・スポットだと痛感。

人工芝が敷かれたキッズコーナー

まず全国各地のチェーン店の中で、ショッピングモールに入っているのは沖縄だけ。広い店内には人工芝が敷かれたキッズコーナーがあり、たくさんの絵本が並びゲーム台も備えられています。お子さま連れでも楽しく過ごせるすてきなスペースですよ。

沖縄本コーナー

書籍エリアには豊富なジャンルの本が多数並び、観光客の方にオススメしたいのは「沖縄本コーナー」。新里店長の推薦本は「沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶」で、沖縄独自の建築を歴史から学べる一冊とのことでした。

年中行事を分かりやすく解説した「絵でみる御願365日」など、他県ではあまり目にしない話題の本もディスプレイされていましたので、本を通して沖縄文化に触れることができます。

オキナワン アーティスト

また沖縄らしさを感じるコーナーをCDDVDエリアでも発見! 安室奈美恵やモンゴル800などの全国で知られるアーティストから県内で活動するバンドまで、幅広いラインナップでしたのでお気に入りの「オキナワン アーティスト」に出合えるかもしれません。

沖縄の代表ソングが収録されたHMVオリジナルCD「美らソング」

「島唄」や「涙そうそう」など沖縄の代表ソングが収録されたHMVオリジナルCD「美らソング」は、旅行中のドライブにもおすすめの必聴盤だと思いました。

レッドカーペット

最後に紹介したいのが「レッドカーペット」というボードが掲げられた、正面左手の映画関連ブース。

「キャプテンアメリカ」など等身大かと思える大きなマーベルヒーローたちが歓迎してくれます。

歴史が分かる年代別ヒット作の展示物やポスターが飾られ、「キャプテンアメリカ」など等身大かと思える大きなマーベルヒーローたちが歓迎してくれます。アニメから名作までサントラ盤も豊富にそろっていて、驚くばかり。映画ファンにはたまらないスペースです。向かい側にある映画館「ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添」と連動した展開とのことですが、このブースも沖縄ならではのトピック。一度のぞいてみてください。

 

K-POPはもちろん全国チェーンの豊富な品ぞろえと沖縄らしさで、訪ねる人をワクワクさせる「HMV & BOOKS OKINAWA」。自分流に楽しく利用できるエンターテインメント・スポットです。

[基本情報]HMV & BOOKS OKINAWA
住所:沖縄県浦添市西洲3丁目1−1 サンエー浦添西海岸 PARCO CITY 3F
電話:098-943-0540
営業時間:10:00~22:00
定休日:なし
駐車場:あり
URL:https://www.hmv.co.jp/fl/34/175/1/

nohatakako
この記事を書いた人饒波 貴子

那覇市出身・在住。OL生活、週刊レキオ編集室勤務を経て、フリーライターに。現在は沖縄のエンターテインメントおよび店舗紹介を中心に取材・執筆。ウェブマガジン「琉球新報Style」、雑誌「porte」ほかで執筆中。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

2月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション