「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2020.07.13

沖縄の夏は「へちま」で始まる!那覇市内で食べられるへちま料理を紹介

沖縄の夏は「へちま」で始まる!那覇市内で食べられるへちま料理を紹介

皆さんこんにちは。沖縄に移住して三度目の夏を迎える、ライターのヨシカワアヤカです。

移住する前は、中華料理屋の「冷やし中華はじめました」という張り紙を見ると、夏が来たなあ…と感じていました。ところが、沖縄に来てからというもの、夏を感じるようになった張り紙は「へちまはじめました!」なのです。

え?へちま?!へちまってあの、お風呂で体を洗うタワシみたいなやつよね?と思った方。沖縄ではメジャーな夏野菜として「ナーベラー」と呼ばれ親しまれています。

食用のへちまは、繊維の柔らかい品種で、固くなる前に収穫されるのがポイント。カリウムやビタミンC・Dなども含まれており、体にも良い野菜なんですよ。

スーパーに並ぶヘチマ

スーパーの野菜コーナーにも普通に並んでいます。

皮に近い部分はしゃきっとした食感ですが、火を通すと中心部がやわらかくなりとろんとします。このとろんとした食感にはまる人が多いんでしょうね。味はまろやかな甘みがあり、ウリ科独特の風味もあります。個人的な感想としては、なすびに近いような感じで美味しいですよ。

沖縄だけでなく九州南部でも食べられるようで、鹿児島県では「へちま汁」という味噌味のそうめんが郷土料理として有名なのだそう。

では、沖縄県民が愛してやまない「へちま料理」が食べられるお店を紹介します。

「お食事処みかど」のへちまのみそ煮

「お食事処みかど」のへちまのみそ煮

へちまの食べ方として最もポピュラーなのは「味噌煮」です。沖縄県内のほとんどの食堂で夏になると提供が始まり、お店によって味付けが異なるので食べ比べても面白いかもしれません。

今回伺った食堂は、那覇市の中心地・久茂地に近い国道58号線沿いにある「お食事処みかど」です。

地元客にも観光客にも愛される「みかど」は、沖縄でも有名な食堂の一つ。店内は清潔感があり、女性1人でも安心して入店できます。取材日も、私を含めて女性おひとりさまが4名もいました。

「お食事処みかど」のへちまのみそ煮

ありました!これが沖縄の食堂でよく見かける「へちまのみそ煮あります」の張り紙。

へちまは夏にしか採れない野菜で、旬は7月~9月。旬の季節にしか食べられない店がほとんどで、へちまを見かけると夏が来たなあと感じるのはそのせいです。この味を待ちわびている人が、たくさんいるということですよね。

へちまのみそ煮

こちらがみかどの「へちまのみそ煮」。薄切りにしたへちまと、スパム・豆腐・ニラがダシのきいた味噌でまとめられています。

味噌が少しこってりめの味付けのため、へちまがガッツリ系のおかずに変身します。ご飯がすすむーー!!これは、ご飯にももちろん合うけど、きっとビールにも合う…。

[基本情報]お食事処みかど
住所:沖縄県那覇市松山1-3-18
電話:098-868-7082
営業時間:8:00~24:00
定休日:なし
駐車場:なし

「琉球回転寿司 海來」のナーベラー寿司

那覇空港内にもへちまが食べられるお店があります。しかも珍しいへちまのお寿司!

「琉球回転寿司 海來」のナーベラー寿司

国内線旅客ターミナルビル4階の一番奥にある「琉球回転寿司 海來(みらい)」は、沖縄県産の魚介類や県産食材を使ったお寿司が食べられるお店。回転寿司スタイルなので、お腹の余裕に合わせて気軽に立ち寄れますね。

ナーベラー寿司

こちらが「ナーベラー寿司」です。一度湯に通したへちまは、みずみずしさが増していて、しゃきっとした歯触りが心地良いです。上に添えられたのは油味噌で、やはりへちまには味噌が合います。

初めてへちまを食べる友達に感想を聞いてみたところ「癖がなくて食べやすい」そうです。さっぱりとして箸休めにちょうど良いお寿司かも。

[基本情報]
住所:沖縄県那覇市字鏡水150
電話:098-840-1636
営業時間:10:30~20:00
定休日:なし
駐車場:あり

「ポーたま 牧志市場店」のナーベラー天と自家製油みそのおにぎり

v

沖縄県民が大好きなポークたまごおにぎりの専門店として、観光客にも人気の「ポーたま」。今では国内に5店舗を構える人気店で、その1号店、牧志市場店にはへちまを使ったメニューがあります。

ナーベラー天と自家製油みそのおにぎり

それが「ナーベラー天と自家製油みそのおにぎり」。

ナーベラー天と自家製油みそのおにぎり

たまごとポークだけでも美味しいのに、そこに油みそとへちまの天ぷらまで挟んでしまう罪深さ。へちまのとろんとした食感とスパムのしっかりした味を、受け止めてくれる卵とご飯!好き。

「ナーベラー天と自家製油みそのおにぎり」は、牧志市場店のみの限定メニューとなっていますのでご注意ください。

[基本情報]ポーたま 牧志市場店
住所:沖縄県那覇市松尾2-8-35
電話:098-867-9550
営業時間:7:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:なし

へちまの天ぷら

へちま大好きな沖縄県民は、家庭でも味噌煮やサラダなどにして食べます。私のおすすめは天ぷらです。皮を薄く削ぎ、1cmほどに輪切りしたへちまに衣をつけて揚げるだけ。塩だけであっさり召し上がってください。中がとろっとして美味しいんですよ。

沖縄でしか食べることのできないへちま料理。先入観を捨てぜひ一度食べてみてください。きっと、夏が来るたび美味しさを思い出して、沖縄に行きたくなると思います。

この記事を書いた人ヨシカワ アヤカ

三重県出身。愛知県内の税理士法人で勤務した後、結婚を機に2018年、沖縄に移住。主婦ならではの目線で沖縄の魅力を伝えていきたいと思っている新人ライターです。おすすめの本は「嫌われる勇気」と「JR時刻表」。今年こそはビーチパーティーに参加したい。喫茶店好き、旅好き、カープファン。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

6月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション