「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

観光

2020.05.11

世界に認められた絶品クラフトビール 南城市・南都酒造所の「サンゴビール」

サンゴビール

クラフトビールブームと言われて久しい沖縄県。今ではいろんなところでクラフトビールのイベントが開かれていて、県内にもたくさんの醸造所が誕生していますよね。

そんな中でも、筆者のお気に入りのビールが今回紹介するサンゴビール。製造しているのは、南城市のおきなわワールド内にある南都酒造所さんです。

おきなわワールド

那覇空港から車で約20分、やってきたのは玉泉洞やハブ博物公園でお馴染みのおきなわワールドです。

おきなわワールド

沖縄の魅力いっぱいの園内。思わず見過ごしてしまいそうになりますが、玉泉洞の出口からエイサー広場に向かうこの場所でサンゴビールは作られています。

おきなわワールド

残念ながらこの日は稼働していませんでしたが、仕込みから発酵、瓶詰めまでここで行っているそうですよ。

サンゴビール

サンゴビールの名前の由来は、サンゴでできた鍾乳洞の地下水で作っているからだそう。

レギュラー商品はアルト、ケルシュ、IPA、セゾン、ブラックエールの5種類。ホップをふんだんに使い、酵母を生かしたままボトリング。ホップや酵母の深い味わいと華やかな香りが楽しめます。ホップを増量した「DOUBLE UP IPA」は今だけしか味わえない期間限定品。

ハブ原酒

南都酒造所といえば、創業当時から作っているハブ酒。「ハブは水だけで1年間生きられる、と言われているほど生命力に溢れた生き物なんですよ」とスタッフさん。

飲みやすくするためにハブの血や内臓をしっかり除去し、13種類もの薬草のエキスが染みた泡盛に漬け込んでいます。

琉球ハブボール

「ハブ酒をもっといろんな人に飲んでもらいたい」そんな思いから生まれたのが「琉球ハブボール」。軽い飲み口と薬草&シークワーサーの爽やかな香りで、女性を中心に大人気の商品です。

サンゴビール

おきなわワールドを訪れた観光客から「せっかく沖縄に来たんだから、沖縄の地ビールが飲みたい」という声があり製造し始めたのが、ニヘデビールのハード(アルト)とソフト(ケルシュ)。「あの時はとにかく品質にこだわり続けました」とスタッフの方は言います。

その甲斐もあって、ニヘデビールのソフトは2006年のアメリカワールドビアカップ・ケルシュ部門で銀賞を受賞。その品質を受け継ぎ、さらに味わいに磨きをかけたのがこのサンゴビールです。

「以前はここに来た人に飲んでもらうためのビールでした。でもサンゴビールは、世界中の沖縄を知らない人にも飲んで欲しい」ビールを通して沖縄の魅力を世界へ発信するため、まだまだ新しい挑戦を続けていくそうですよ。

[基本情報] 南都酒造所
住所:沖縄県南城市玉城1367
電話:0120-710-611
営業:09:00〜17:30(L.O.17:00)
定休日:なし
駐車場:あり
クレジットカード:可
Wifi:あり
煙草:禁煙(喫煙スペースあり)
https://www.nantosyuzo.com/

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

6月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション