「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2020.04.11

沖縄のマイクロブルワリーでこだわりのクラフトビール!「クリフビール」

新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、4月16日に緊急事態宣言が発出されました。沖縄県でも厳しい感染拡大状況を踏まえ4月20日に「沖縄県緊急事態宣言」が発出され、各観光施設が休業しております。
最新情報をご確認の上、ご自身と大切な人を守るため不要不急の外出はお控えください。(2020年4月更新)
新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、4月16日に緊急事態宣言が発出され、各観光施設が休業しております。
最新情報をご確認の上、ご自身と大切な人を守るため不要不急の外出はお控えください。(2020年4月更新)

賑やかな市街地から少し離れ、のんびりとした雰囲気が漂う沖縄市比屋根。

「こんなところにブルワリー(ビール醸造所)が?」なんて思いながら道なりに進んでいくと、Cliff Beer (クリフビール) Hiyagon Farmがありました。

クリフビール クラフトビール 沖縄市

クリフビールは、クラフトビールを製造・販売するブルワリー。外人住宅をリノベーションしたお店はシンプルながらオシャレな内装で、ヨーロッパの古民家のような印象を受けます。

と同時に、「こんな小さな外人住宅でビール造ってるの!?」とびっくりするのではないでしょうか。

きっかけはイギリスのビールとの出会い

工場長 宮城クリフ

イギリスでデザイナーとして仕事をしていたころにビールに興味を持ちはじめた、工場長の宮城クリフさん。

「イギリスには小さいブルワリーがたくさんあって、村や町でお祭が開かれるとビールが200種類くらい集まってきて、樽がバーッと並んで、とても楽しいんです!それとホームブリュワーと呼ばれる、お家でビール造りをしている人もいるんです。友達の父さんも造っていましたよ!そのビールはめっちゃまずかったんですけどね」

と語るように、イギリスではビールが日本よりも身近な存在で、その中でもリアルエールは特別だったようです。

「元々はラガーをよく飲んでいたんですが、リアルエールに出会い、その美味しさにガッツリハマりました。リアルエールは伝統的な醸造法で造って、ガスを使わずにハンドポンプでグイっと注ぐんです。昔ながらのスタイルを守っているので、単なるビールっていうより『文化』なんだと感じました。」

本場のリアルエールの虜になった宮城さんは沖縄に帰ってきた後も、イギリスビールへの憧れを持ち続けます。同時にアート的表現としてビール造りに魅力を感じ、イベントなどでの商品販売を経て、2019年7月にオープンしました。

ビール造りの様子を見学

ビールの工場というと、大型のタンクや冷蔵庫、機器等が並んだ大きな施設のイメージが強いかと思います。しかしクリフビールでは、コンパクトなスペースに宮城さんお手製の醸造器具がズラッと設置されています。

ビール造りの期間は、大体4週間から1か月。今回の取材では、仕込みの様子を見学させていただきました。工場に足を踏み入れるとほのかに甘い香りを感じられました。

麦を熱湯に浸し、温度を一定に保ちながらヨットのオールのような大きなかき混ぜ棒で90分間ひたすら混ぜ続けます。

「かき混ぜの作業でだいぶ腕の筋肉が鍛えられました」とコメントするほどに、ハードな作業なようです。

以前はプロペラでかき混ぜる方法も行っていました。しかし、 ビールの出来栄えは手作業のほうがよかったため、今もこの方法を継続。この後は二次発酵、熟成などの行程を経て、瓶や樽に詰められ商品としてお店に並びます。

事前に連絡すれば工場見学できます。間近で見て、ビール作りの面白さを感じてみてください!

個性豊かなビールを味わおう

クリフビールでは、現在ペールエールやIPA、ヴァイツェン、ビターチョコスタウトの4種類をテイクアウトでのみ販売しています。ラベルは全て宮城さんがデザイン。

本来は、炭酸が強くないものが多いイギリスのビール。けれども、スタイルに拘りすぎず、沖縄に合うビールを造るという思いから、炭酸が加えられています。

おすすめの飲み方は、キンキンに冷やしすぎないこと。そのほうが香りがより感じられ、ビールのうま味が沈まないので個性がはっきり分かるはずです。

クリフビール クラフトビール 沖縄市 IPA

青ラベルの「IPA」は濃い色が特徴のビールで、栓を開けた瞬間にさわやかな香りが広がります。力強い苦味ですが、後味はすっきり!びーるじょーぐー(沖縄方言で、ビール好き)にはたまらない一品です。

クリフビール クラフトビール 沖縄市 ヴァイツェン

「ヴァイツェン」はピンクのラベルが目印です。濁りとフルーティーな香りが特色で、まろやかな味がたまりません!普段ビールをあまり飲まない人にもおすすめです!

クリフビール クラフトビール 沖縄市 ビターチョコスタウト

黒のラベルは「ビターチョコスタウト」で、原料に純ココアを使用。チョコレートを彷彿とさせる濃い茶色は、焙煎されたモルトを原料に使っているためで、独特の苦さと香ばしさがクセになります。

 

今後は県産シークヮーサーを使ったフルーツビールや、ニューイングランドIPA、そして伝統的な製法でリアルエールの醸造もしたいと考えているようです。

宮城さんのこだわりと情熱が込められているCliff Beer Hiyagon Farmを楽しんでみてください。

[基本情報]Cliff Beer Hiyagon Farm(クリフビール)
住所:沖縄市比屋根 6-18-1
電話:098-953-7237
営業時間 : 12:00〜19:00
定休日:月曜日、火曜日、水曜日、日曜日
駐車場:あり 
https://www.facebook.com/cliffcraftbeer/ 

照屋勇人
この記事を書いた人照屋 勇人

沖縄で食べて、走って、海で遊んで、飲んで、バスケするライター。名前も顔もうちなーむんぽいけど、埼玉県産。
Twitter:https://twitter.com/yutoteruya0122

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

5月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション