「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2020.02.27

美ら海を閉じ込めたプリンを「琉球プディング」の一味違った沖縄土産

沖縄旅行のお土産探し。定番お菓子やシーサーなんかももちろん素敵ですが、いつもとは違うものを買っていきたくなることってありますよね。

そんなお土産を求めてやってきたのが、平和通りにあるプリン専門店 琉球プディング(RYUKYU PUDDING)

「似たようなお土産品が溢れる中で、一味違ったものを作りたかったんです」

そうおっしゃるのは、15年近くパティシエとしてお菓子に携わってきたというオーナーの安仁屋さん。お店の看板スイーツは、まるで沖縄の青い海のように輝く「美らプリン」です。

※2020年10月末で平和通り店は閉店。あがり浜店は通常通りの営業となります

平和通り商店街にかまえる「琉球プディング」

那覇空港から車で約10分。やってきたのは観光客で賑わう国際通りから分岐した平和通り商店街です。

アーケードの入り口から100mほど、この屋台風の小さなお店が「プリン専門店 琉球プディング」です。琉球王をイメージしたロゴが目印。

琉球王も思わずにっこりの美らプリン

こちらが観光客に人気の「美らプリン390円(税別)」。見た目だけではなく、味も絶品です。

青い海をイメージしたゼリーには久米島の海洋深層水を使用。あっさりとしたゼリーの甘さが、雪塩を使用した濃厚な塩カスタードプリンの美味しさを引き立てます。

両方を混ぜると、味わいも食感も変わって3度美味しい!でも、食べるのがもったいないくらいの美しさですよね。 

琉球プディング東浜店」では古酒プリンも!

平和通り店では美らプリンのみの販売でしたが、ほかにも美味しいプリンがあると聞いてあがり浜店にもおじゃましました。

場所は国際通りから車で30分ほど、与那原町東浜の住宅街の中にお店はあります。

レギュラーメニューのカスタードプリンや古酒プリンのほか、オーダーがあればチーズやチョコのプリンも用意しています。気になるフレーバーがあったら電話で予約してみましょう。ちなみに、プリンは全てここで手作りで作られているそうですよ。

泡盛の古酒(くーす)を使ったプリンが、こちらの「琉球古酒プリン350円(税別)」です。

なめらかな食感のプリンからは古酒の香り。上品な甘さの中に古酒ならではの豊かな香りと深い味わいがあり、お酒が苦手な方でも十分にその美味しさを楽しめますよ。むしろ苦手な方にこそオススメしたい一品。

「海の中に光が差すと、こんな色に見えるんですよ」

瓶に詰められた沖縄の魅力。見ても食べても笑顔になること間違いなしのプリン。一味違った沖縄土産におすすめです!

※2020年10月末で平和通り店は閉店。あがり浜店は通常通りの営業となります
[基本情報]琉球プディング 平和通り店
住所:沖縄県那覇市牧志3-1-18
電話:098-860-8292
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休
駐車場:なし
クレジットカード:不可

琉球プディング あがり浜店
住所:沖縄県島尻郡与那原町東浜97-1
電話:098-800-1834
営業時間:10:00〜20:00
定休日:火曜日
駐車場:あり
クレジットカード:不可

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

1月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション