「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

観光

2019.01.21

沖縄本島中部で最大の聖地!宜野湾市の普天満宮で、初詣の「活気」と「お祭り感」を味わう

普天間宮

三が日の初詣なんて人混みで疲れるだけ!と思っていました。このひねくれた考えを変えてくれたのが「普天満宮(ふてんまぐう)」の初詣です。

宜野湾市民でありながら「混雑する」という理由だけで、一度も普天満宮の初詣に行ったことがなかったのです。平成最後の三が日、1月2日に重い腰を上げて普天満宮の初詣に行った結果、想像以上に充実した時間を過ごすことができました。

境内の奥に別世界!洞穴・鍾乳洞がある宜野湾市の「普天満宮」とは!?

普天間宮

普天満宮は、宜野湾市普天間にある神社です。宜野湾市唯一の神社であり、琉球王国時代には王府から特別な社であると認定され、琉球八社のひとつと称されています。

沖縄本島中部で最大の聖地として知られ、一般的には「普天満神宮(ふてんまじんぐう)」の名でも親しまれていますが、正式名称は「普天満宮」。初詣には約11万人が訪れるそうです。

洞穴内奥宮

(写真提供:普天満宮)

普天満宮の最も大きな特徴は、境内の奥に神秘的な洞穴・鍾乳洞があること。神社の奥に突如現れる別世界。自然に囲まれて澄んだ空気が染み渡る神聖なパワースポットです。

初詣の際に拝観したいと思っていたのですが、残念ながら12月31日午後から1月9日までは拝観不可とのこと。(要受付、拝観無料。洞穴内は写真撮影禁止)

調べていくうちに、どんどん普天満宮に興味が湧いてきました。

初詣の当日、普天満宮へ。アクセスと駐車場について解説

普天間宮臨時駐車場

普天満宮の初詣に行く際、事前にチェックしておきたいのが駐車場です。

初詣シーズンには路駐車両を多く見かけますが、駐停車禁止の場所もあるので、以下の無料臨時駐車場を利用してください。

・沖縄市方面向け、ローソン近くの空き地(徒歩約10分)
・国道330号線沿いJA駐車場(徒歩約20分)

臨時駐車場

JA駐車場からは、大晦日の夜22時から1月3日まで無料シャトルバスが運行しています。

有料駐車場ならば、300台収容可能な普天間市民駐車場がおすすめ。1日200円と格安料金で、普天満宮まで徒歩10分弱と便利です。

普天満宮の初詣当日の様子!出店のお祭り感や参列中の楽しみ方

普天間宮

私が初詣をしたのは、1月2日の昼12時頃。駐車場を確保できたら、いざ参列へ。1月1日から3日の夕方まで、長蛇の列がずっと続いていたそうです。

行列の最後尾に並んでから境内まで約20分。入口の鳥居から参拝するまで15分ほど、約40分弱の待ち時間でした。

普天間宮屋台

普天満宮の初詣では、参拝者の列に沿って露店がズラリ。参列の列に並んだまま、お祭り感を楽しめる沖縄の初詣は、あまりない気がします。

出店の賑やかさを比較したくて他の神社も巡ってみたところ、そう実感しました。

普天間宮屋台のコーヒー

行列の最後尾付近に、挽きたてコーヒーが売りのお店を発見。ダンディーなマスターが淹れる、コクのあるハンドドリップコーヒーのおかげで眠気や寒さが吹き飛び、参拝する心の準備は万端です。

できたてホヤホヤの屋台フードを購入して、参列しながら楽しい食べ歩きツアーもできちゃいます。

普天間宮屋台のやぎ汁

お好み焼きや焼きそばといった定番の屋台フードから、ケバブ・沖縄そば・ヤギ汁・天ぷら・カレーなど、出店を見ているだけでも飽きません。お店の人もフレンドリーに話しかけてくれて楽しい気分になってきます。

普天間宮の屋台

アツアツの出来立てお好み焼きをほおばりながら、並んで待つこと20分後、境内に到着しました。あれ、待ち時間が全く苦じゃなかったな。

とうとう境内に到達!新年の抱負を胸にいざ参拝へ

普天間宮の鳥居

境内入口の鳥居に到着。ここからさらに15分ほど並びます。この間に頭の中で、新年の抱負を改めてまとめておくといいかも。

普天間宮

参拝直前の様子。ここで一旦、人数制限をしています。まるでマラソン大会のスタートラインに立ったような光景ですね。

普天間宮

やっと順番が来て無事に参拝できました。神聖なパワーと人々の活気を感じて新年早々にしてとても気分爽快です。

平成31年の大きな絵馬

本殿を回り込むと、ひときわ存在感を放つ「平成31年の大きな絵馬」。描かれていたのは、もちろんイノシシの絵です。

普天間高校の美術部員が描いた干支絵馬とのこと。本年の干支であるイノシシを含め、十二支の動物を描いた絵馬は、拝殿の横に飾られています。

普天間高校の美術部員が描いた干支絵馬

普天間宮

参拝を終え、最後にお守り・お札・絵馬・破魔矢などを買うために再び列に並びます。

普天間宮お守り

お守りの種類は、学業成就・えんむすび・開運など多数あり。

普天間宮のお守り

20分ほど列に並んで、自分の生まれ年の干支を選び、かわいい「十二支お守り」を購入しました。

 

有名な神社の初詣は、長蛇の列に並んで疲れるだけ、と億劫に感じることがあるかもしれませんが、普天満宮の初詣なら楽しめることでしょう。

多くの参拝客が訪れるからこその「活気」や「お祭り感」を新年から存分に味わい、新年ならではのパワーを感じてみてください。

今年も、皆様にとって充実した1年になりますように。

[基本情報]普天満宮(ふてんまぐう)
住所:宜野湾市普天間1-27-10
電話:098-892-3344
受付時間:9:30〜18:00(洞穴参拝時間:10:00〜17:00)
定休日:なし
駐車場:あり(鳥居右側に駐車場入口あり)

タイラ ミオ
この記事を書いた人タイラ ミオ

カナダ留学&ワーホリ・中南米一人旅・フィリピン就職を経て、関東エリアから沖縄へ移住しました。会社に所属せず、スキルと経験を活かして働くフリーランスとして奮闘中。好きなことは、カフェ巡りと旅行そしてブログを書くこと。

このライターの記事一覧

Keyword:

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

11月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション