「感じる・触れる、心動かされる」九州の旅を楽しくする情報がいっぱい九州観光情報サイト

体験

2021.03.09

与論島で身体の外も中も整える!島の薬草を使ったカフェとエステを紹介

与論島で身体の外も中も整える!島の薬草を使ったカフェとエステを紹介

はじめまして!与論島に移住して7年目、ライターの箱山康子です。

今回は鹿児島県の最南端の島、与論(よろん)島にある、身体の外からも中からも整えることができるスポットを紹介します。

与論島の一番の観光スポット「百合ヶ浜」が出る大金久海岸近くにある「百合ヶ浜ビーチハウス」。その百合ヶ浜ビーチハウスに併設されているのが、「薬草カフェピクニック」と「ヨロントリートメント協会」のエステルームです。

百合ヶ浜ビーチハウスの管理をしている佐藤さんご夫婦

百合ヶ浜ビーチハウスの管理をしている佐藤さんご夫婦。ご主人がヨロントリートメント協会の代表、奥様がカフェを担当しています。

与論島には、100種類を超える薬草が自生しており、昔から料理に入れるなどして活用されてきました。佐藤さんご夫婦は「薬草を普段の生活に取り入れるきっかけとなれば」と取り組んでいます。

与論島の薬草を使ったオイルトリートメント

与論島の薬草を使ったオイルトリートメント

百合ヶ浜ビーチハウス内のエステルームで、ヨロントリートメント協会メンバーによるオイルトリートメントを受けられます。服を着たまま受けられるリラクゼーションメニューも。

使用しているのは、セラピスト自らが摘んできて作ったヨモギなどの薬草オイルや与論産の精油などです。与論島の恵みを全身で感じられます。

セラピスト

(提供:ヨロントリートメント協会)

セラピストは島に住む女性たち。東京より講師を招いて技術を磨いたそうです。

フェイシャルトリートメントを体験してみた

フェイシャルトリートメントを体験してみた

私も実際にフェイシャルエステを体験してきました!

フェイシャルエステは顔だけでなく、デコルテ部分までトリートメント。最後はドライヘッドスパまでしてくれます。

店内は清潔感と落ち着きのある空間で、心地よい音楽が流れています。まず、カウンセリングシートに記入して、セラピストさんからのヒアリング。マスクをしていてもわかる素敵な笑顔で落ち着きます。

「ちょっと痛いですよ」と時折声がかかるものの、心地よい痛み。ぐいーんと顔を持ち上げてくれます。ほんのりと香るオイルに癒やされながら、あっという間の60分でした。

終わってみると、なんだかいつも以上に視界良好!鏡を見ると目がパッチリしていました。気分もすっきり!終わりにハーブウォーターを飲みながら、余韻にひたりました。

フェイシャルトリートメントは6,600円(税込)です。他にも、全身オイルトリートメントや服を着たままできるメニューもあります。

身体の中から整えよう!薬草カフェでランチ

オイルトリートメントの後には、薬草カフェでランチはいかがでしょうか。薬草を使用していますが、苦みが少なく食べやすいものを選んでいるんだとか。

まごわやさしい薬草ランチ

ランチでおすすめなのが「まごわやさしい薬草ランチ」。手作りのお惣菜を日替わりで並べた和定食です。お惣菜プレートに雑穀米と汁物がついてきます。

プレートの中心にあるのが長命草コロッケです。こちらは単品でも注文可能。長命草は「パワーベジタブル」といわれるほど栄養価が高い薬草です。ほくほくのじゃがいもが美味しいので、ぜひ食べてみてくださいね!

調味料などにこだわり、島の野菜を積極的に使っているそう。ゆっくりかみしめて食べたいランチです。

薬草スコーン

おやつタイムにおすすめなのは「薬草スコーン」です。使用している薬草は日替わりで、この日は長命草とモリンガを使用。かぼちゃの種のざくざく感もたまりません。

薬草スムージー

薬草スムージーも苦みやクセがなく、フルーティーな味わいでおすすめですよ!

妊婦さんやアレルギーのある方は、注文時に相談を。避けたほうがよい薬草を使っていないメニューを教えてくれます。

「基本的に1人でやっているので、看板ネコたちと遊んだり、本を読んだりとゆっくり気長にお待ちください」とのことでした。

お外カフェ

薬草カフェピクニックの特徴のひとつが「お外カフェ」であること。席はすべてテラス席です。

テイクアウトも可能なので、大金久海岸周辺でピクニックもおすすめです。私もよく子どもたちとテイクアウトして、遊歩道を散策したり海を散歩したりして楽しんでいます。

与論島に自生している薬草3つを紹介

与論島に自生している薬草3つを紹介

ヨロントリートメント協会と薬草カフェピクニックで、よく使用している薬草を3つ教えていただきました。どれも与論島内でよく見かけるものばかりです。

ヨモギ

ヨモギ

ヨモギはデトックス作用があり、腸内環境の改善や身体を温める効果などが期待できるそうです。

アワユキセンダングサ

アワユキセンダングサ

与論島内では「サシ」と呼ばれることが多いアワユキセンダングサ。可憐な白い花は島内でもよく見かけますが、近づくと種が服にくっついて取るのが大変なので要注意です。

そのため、やっかいな存在に見られがちなのですが、鉄分はほうれん草の6倍、カリウムがアボカドの5倍なのだそう。

長命草(ボタンボウフウ)

長命草(ボタンボウフウ)

ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールが豊富で、その栄養価の高さから「パワーベジタブル」と呼ばれています。

大金久海岸

与論島の薬草を使った、薬草カフェピクニックとヨロントリートメント協会がある百合ヶ浜ビーチハウスは、大金久海岸が目の前です。

エステやランチの後に海沿いを散歩したり、パパと子どもたちが海遊びしている間ママはエステを受けたり、なんてこともできちゃいます。

与論島でのスケジュールに「身体を整えるリラックスタイム」を加えてみてはいかがでしょうか。

[基本情報]薬草カフェ pique-nique(ピクニック)
住所:鹿児島県大島郡与論町古里79-1(百合ヶ浜ビーチハウス内)
電話:090-7208-8295
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜日、木曜日(雨の日)
駐車場:あり
URL:https://instagram.com/pique_nique1982?igshid=1ekj36whxb0oa

[基本情報]ヨロントリートメント協会
住所:鹿児島県大島郡与論町古里79-1(百合ヶ浜ビーチハウス内)
電話:0997-85-1000
営業時間:10:00~22:00(予約制)
定休日:なし
駐車場: あり
URL:https://instagram.com/yorontreatment?igshid=1ios6mthm6zp8

箱山康子
この記事を書いた人箱山 康子

与論島在住ライター。2014年に移住し、与論島出身で焼肉屋の夫と2人の子どもたちと暮らしています。与論島の海や自然が素晴らしすぎることから、一眼レフで写真を撮ることにハマっています。

このライターの記事一覧

お得で楽しい九州旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

4月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション