「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

2020.04.08

屋我地島の「Atelier43」でやちむん作り体験♪

Atelier43

はいたい!JJガールリナです。

先日、沖縄本島から車で行くことができる「屋我地(やがじ)島」へ行ってきました。

屋我地島は沖縄本島北部にあります。古宇利島や沖縄美ら海水族館などの観光スポットも近く、北部旅の観光で立ち寄るのもおすすめです。

今回はそんな屋我地島にある「Atelier43」という小さな工房で「やちむん作り体験」を楽しんできました!

沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」とは ?

Atelier43

「やちむん」とは、沖縄の方言で「焼き物」のことです。

やちむんの原点は、400年以上も昔の琉球王国時代が始まりといわれているようです。

琉球王国が貿易国家として交易を行った時、海外から陶磁器が持ち込まれ技術が発展したことが「やちむん」のきっかけとなっているようです。何百年前から続いている「やちむん」の歴史に深みを感じます。

初めて「やちむん」作りに挑戦しました!

初めてのやちむん体験

今回「Atelier43」で初めてやちむん作りを体験しました。

初めて使う電動ろくろは、最初は難しくて手も一緒にろくろと回ってしまうこともありましたが、スタッフさんが丁寧に手を添えて教えてくれることで、すぐに慣れてコツを掴むことができました。

手の指圧によって形の深さを変えることができ、自分の作りたい形にすることができます。

今回は約1キロの粘土を使用して、小鉢や小皿・湯のみやお茶碗を作ることができました。焼き上がりは、思ったより一回り小さくなってしまうので、作りたい大きさを想像しながら作ってみてください。

Atelier43

作った「やちむん」は、このような形で並べられていきます。どの器かわかるように、器の裏側に自分オリジナルのサインを入れることができます。

また、自分が作った中で焼き上げる器の数や重さは決まっているのですが、追加料金を支払うと、焼成器を増やすことができます。

柄模様も何種類かあり、お店で選ぶことができますよ。

手作りのやちむん

私は、茶碗、湯のみ、小鉢の3点を焼成しました!やちむんは焼き上がるまでに時間がかかるため、家に郵送してもらいましたよ〜。

自分で作った「やちむん」を使ってお茶を飲むと、いつも以上に美味しく感じました!笑

様々な種類の「やちむん」があり店内を見るだけでも面白い!

Atelier43

店内には、色んな種類のやちむんがあり、ゆったりと店内を見て回ることもオススメです。

写真には無いのですが、シーサーも販売していました。きっと沖縄のお土産にも喜ばれますね〜。

「Atelier43」の近くを散策すると

Atelier43

お店のすぐ側には、海に続く道があります。

Atelier43

歩いていくと、綺麗な海が広がっていました!この日は天気も良かったので、しばらくの間、海を眺めていました。笑

屋我地島にある工房「Atelier43」で、やちむん作り体験やシーサー作り体験をし、素敵な沖縄の思い出を形に残してみてはいかがですか?雨の日でも楽しめることができるのでオススメです。

車で行くことができる沖縄の離島「屋我地島」へ是非、遊びに行ってみてください。

 

[基本情報]Atelier43
住所:沖縄県名護市済井出252
電話:0980-52-8027
営業時間:9:30-20:00(最終受付18:30)
定休日:年中無休
駐車場:あり
http://www.atelier43.rtukyu

永山 里奈Rina Nagayama

はじめまして☆旅が大好き、新しいことにチャレンジすることが大好きなリナといいます♪
私自身、旅を通して新しい自分に出会うことができました!色んな旅情報や地元沖縄の魅力を楽しく発信していきたいと思います。
一年間よろしくお願いします☺︎


記事一覧
誕生日 9月14日
出身地 沖縄市
趣味 フラダンス・ハンドメイドピアス作り・旅行
特技 マラソン・バスケットボール
好きな旅行先 アジア・離島(離島では海でのんびりしたり泳いだり魅力がたくさんです♪)

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

2019年度JJガール
沖縄レポート 記事アーカイブ

2018年度JJガール
沖縄レポート 記事アーカイブ

2017年度JJガール
沖縄レポート 記事アーカイブ

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション