「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

2019.07.02

港川人の生活へタイムスリップ!「ガンガラーの谷」散策ツアー

ガンガラーの谷入り口

先日訪れた、南城市にあるガンガラーの谷。洞窟カフェ「ケイブカフェ」で一息ついた後は、ガンガラーの谷の散策ツアーへ参加してきました。

カフェの右奥に階段があり、こちらがガンガラーの谷ツアーの入口になります。

自由に見学できる場所ではなく、1日4回決まった時間でツアーが行われます。当日でも予約は可能ですが、事前予約がお勧めです。

いざ、ガンガラーの谷散策へ!

ガンガラーの谷は現在も発掘調査が行われており、洞窟が崩れた谷間と亜熱帯の森の中を散策していきます。暗い場所や段差もあり足場が少し悪いので、歩くのが苦手な方はスニーカーをお勧めします。

そして、ここで出発の前にポイントになるのがこちら。

港川人

港川人さん!

2万年前にこの辺りに住んでいた「港川人」は日本人のご祖先様ではないかと考えられているそうです。この港川人の骨が見つかったのが、ガンガラーの谷の近くにある「港川フィッシャー遺跡」と言うところ。

この港川人の居住跡を探して、ガンガラーの谷では今も発掘調査は続けられており、あちこちで発掘途中の場所も見学できます。

道のり

最初のお出迎えはジャイアントバンブーという世界最大の竹です。何メートルあるんでしょう…。

写真では納まらないサイズ感。他にもクワズイモの葉の特大なものもいっぱいあります。

40年で1cm?鍾乳石、鍾乳洞の散策へ

次にあらわれたのは「イナグ洞」という鍾乳洞。「イナグ」とは女という意味らしいです。足場が悪く入口で説明を聞きながら見るだけですが、鍾乳洞の中の岩の写真は見せてもらえます。

女性の象徴らしい岩で、立派なお尻と胸ですね(笑)

実物は見る事が出来ませんでしたが、いつか本物を見てみたいです。

最初に女性ときたら、次の鍾乳洞はもちろん男性を意味する「イキガ洞」です。こちらは実際に入る事が出来ました。

いきが洞

「イキガ洞」で男性の象徴の鍾乳石との一枚がこちら。THE☆男ですね(笑)

琉球石灰岩は細かい穴がありそこから雨水などを吸い、それが重力によりポタポタと下へ落ちます。その過程で鍾乳石が成長していくのですが、なんと40年間で1㎝しか伸びないそうです。

つまり大変貴重なものなのですが、優しく触る事は許可されています。自分の真横まで鍾乳石が延びていても大切に扱ってください。実際に触れるとひんやり冷たいです。

洞窟内の空気そのものはマイナスイオンが感じられ、癒し効果抜群でした。

それでは次のスポットへ行きましょう♪

ガジュマルは移動する!?キジムナーのいるガジュマルへ

ガジュマル

鍾乳洞散策の後は、ものすごく大きなガジュマルへ。このガジュマルはなんと150歳です!!

何メートル?どこまでが木?枝?など、細かいことはわかりませんがものすごく大きいです。ガジュマル大好きな私は大興奮です。

ガジュマルにはキジムナーという妖精が住んでいるらしく、心の純粋な人は見えるらしいですよ。

ガジュマルのヒゲ

ガジュマルから「ひげ」のように伸びているのは、実は根っこなんです。

枝から伸びてきた根っこが地面につくと、そこから栄養をとって成長し、また地面の栄養が無くなると枯れてしまいます。そのためガジュマルは、根っこが生えたり枯れたりしながら移動をしているそうです。

ここは長寿のガジュマルにパワーをもらえるスポットにもなっています。

散策の道のりでは「キノボリトカゲ」や「ナナフシ」に出会いました。私はナナフシを初めてみました。

ナナフシさん、立派な枝そのものですね。どこにいるかわかりますか?一匹いたら同じ個所に20匹はいるらしいですよ(笑)

森を見渡す絶景ツリーテラスへ到着

テラスツリー

さらに進んで到着したのは、森を見渡せる「ツリーテラス」です。

絶景ですよね。もう緑一色。ここから見える奥に、2万年前の旧石器時代に住んでいた港川人の遺跡が見つかったそうです。

たしかに360度どこを見ても沖縄の自然と港川人が生活していた形跡であふれていて、癒し癒しの連続です。

他にも4000年前の焚火の跡や棺、イノシシを食べた跡、土器も発見されています。発掘現場をこんな目の前で見れるなんて滅多に出来る体験じゃありません。

棺

沖縄の自然を感じながら港川人の歴史を学ぶとても勉強になる楽しいツアーです。

正直私は歩くのも歴史も得意ではありません。しかし80分も歩いたと最後に聞いてびっくり。疲労を感じる事なんてなく、歴史を目の前で見ながら学べ時間なんて忘れてしまっていました。

ケイブカフェもガンガラーの谷の散策ツアーも、沖縄へたち寄った際は一度は足を運んで欲しい観光スポットででした。みなさんも自然と歴史の欲張り体験をしてみては?

 

[基本情報]ガンガラーの谷
住所:沖縄県南城市玉城字前川202
電話:098-948-4192
予約受付:9:00~ 18:00
ツアー出発時間:10:00/12:00/14:00/16:00
定休日:無休(イベント等により変更あり)
駐車場:あり

丹羽智美

丹羽 智美Tomomi Niwa

初めまして☆
JJガールに選んで頂いた沖縄が大好きな北海道出身の丹羽智美です!
日帰りで飛行機に乗ってしまう程の旅中毒です(笑)
沖縄のキラキラした海とモズクが大好きです♡
沖縄がもっと好きになって頂けるよう頑張ります! よろしくお願いします♡


記事一覧
誕生日 5月17日
出身地 北海道
趣味 カメラ・旅行
特技 お菓子作り
好きな旅行先 宮古島 久高島 日間賀島 つまり離島が好きです(笑)

2019年度JJガール
沖縄レポート 記事アーカイブ

2018年度JJガール
沖縄レポート 記事アーカイブ

2017年度JJガール
沖縄レポート 記事アーカイブ

10月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション