「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2022.09.15

惜しまれつつ閉店したあの「うかじそば」が復活! 那覇市首里の「首里うかじ」で絶品沖縄そばを味わってきた

こんにちは、そばじょーぐーライターのもーりーです!

某雑誌社の某沖縄そば専門誌を担当し、今までに数百杯の沖縄そばを食べてきた筆者がオススメする絶品沖縄そば企画の第6弾。

驚くことなかれ、今回紹介するのは2016年に惜しまれつつ閉店した「うかじそば」を引き継ぐお店「首里うかじ」。筆者も何度か食べたことがありますが、うかじそばの沖縄そばが美味しいのは言わずもがな。

あの沖縄そばがまた食べられるなんて夢のようですよ!

那覇空港から車でおよそ15分、今もなお風雅な空気が漂う那覇市首里に今回紹介する「首里うかじ」はあります。

築60年の古民家を現代風にリノベーション。新都心の頃のシーサーがお店の入り口に鎮座しているのは、当時からのファンにとっては嬉しいですね。

「首里城があった頃の雰囲気を味わってほしい」と店主。鮮やかな朱色と木の色合いを基調とした店内は、どこか優雅で落ち着いた雰囲気です。

シンプルになったメニューからは、店主の沖縄そばへの自信を窺い知ることができますね。

今回選んだのは三枚肉そばのジューシーセット(中、950円)。

目の前に丼が来た瞬間にふわりと立ち上るカツオの上品な香り。店主こだわりの透明スープは、カツオの爽やかな味わいの後にじんわりと豚骨出汁のコクが広がります。コシの強いオリジナル麺との相性もバッチリ。

豚肉やゴボウなど、素材の味わいが染みたジューシーも絶品。

デザートには「尚和三盆糖アイスぜんざい480円」をどうぞ。和三盆糖の優しい甘さともちもち豆の食感がたまらない一品です。

お話をお伺いしたのは店主の辻さんです。

新都心にお店を構えていた頃から、お父様と2人3脚で支えてきた「うかじそば」。より美味しい沖縄そばを求めて、県外の一流和食料理店に修行に出かけたのが閉店の理由だったのだそう。

今までの美味しさは守りつつも、和食料理を通して得た新たなそば出汁の味わい。さらに美味しくなったうかじそばをぜひ味わってみてくださいね。

[基本情報]首里うかじ
住所/沖縄県那覇市首里当蔵町2-13
電話/098-884-4378
営業/11:00〜15:00(売り切れ次第終了)
定休日/水曜
駐車場/あり
Wi-Fi/なし
クレジットカード/不可

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

10月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション