「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

宿泊

2019.05.21

那覇空港から一駅!男女別フロアで安心なセキュリティ「グランドキャビンホテル那覇小禄」の快適空間を宿泊体験

那覇空港から一駅!男女別フロアで安心なセキュリティ「グランドキャビンホテル那覇小禄」の快適空間を宿泊体験

みなさんこんにちは!宮古島在住のライターきぬです。

僕は宮古島から沖縄本島に遊びに行くことが多く、いつも悩むのが宿泊先。そこで今回、僕と同じように沖縄旅行の際、どこに泊まろうかと悩んでいるみなさんに向け、2019年2月にオープンした「グランドキャビンホテル那覇小禄」の宿泊体験をしてきました。

那覇空港から1駅「赤嶺駅」から徒歩3分の好立地

那覇空港から1駅「赤嶺駅」から徒歩3分の好立地

那覇空港から沖縄都市モノレールで1駅。最寄駅の「赤嶺駅」は日本最南端の駅です。この「赤嶺駅」から徒歩約3分の好立地にあるのが「グランドキャビンホテル那覇小禄」。駅からの道のりは単純なので、迷うことなくたどり着けると思います。

ホテル外観

あっという間に到着しました!ヨーロッパ風の外観がオシャレですね。それでは早速中に入ってみましょう!

シティホテル顔負けのフロント&ラウンジ

ホテルフロント

こちらが1階のロビー。キャビンタイプのホテルと聞くと“カプセルホテルをちょっと良くしたホテル”くらいのイメージだったのですが、想像より遥かに綺麗で広々としていて、まるでシティホテルのよう。

2階まで吹き抜けの天井と大きな窓から光が差し込む開放感は、カプセルホテルにありがちな薄暗さや息苦しさもありません。大理石風の床やフロントデスク、豪華なシャンデリアや絵画など、簡易宿所とは思えないシックな雰囲気が漂います。

ホテルフロント

ドラゴンをイメージしたホテル名のデザイン文字。 オーナーがベトナムに行った時に見たドラゴンのモチーフに感銘を受けて急遽作成したそう。

ホテル入り口

24時間外出可能ですが、深夜0:00~朝6:00は正面玄関のロックが掛かります。外出の際はセキュリティカードを携帯するか、24時間対応のフロントに預けましょう。ロックされる時間帯は玄関外のインターホンから声をかけるとロックを解除してもらえます。

ラウンジスペース

1階と2階合わせて全69席のラウンジスペースは、24時間利用可能。宿泊当日であれば、チェックイン前やチェックアウト後も利用していいそう。部屋は食べ物持ち込み禁止なので、食事をする際はラウンジスペースを利用しましょう。

ラウンジ

1階、2階ともに電源付きの席もあるのでパソコン作業に便利です。

ミニショップ

ビールも販売する自動販売機が設置され、お菓子や軽食のカップ麺などを販売するミニショップがあります。

お泊まりセット

お泊まりセットや下着、充電器など宿泊に便利なグッズが取り揃えられており、手ぶらで来ても問題ないくらい!飛行機の欠航により、急な宿泊を余儀なくされても安心です。

コーヒーマシン

ミニショップの隣には電子レンジやトースター、そしてポットもあるので軽食の調理が簡単にできます。

コーヒータイム

9:30〜21:30がコーヒータイム。ちんすこう付1杯280円(おかわり100円)でコーヒーや紅茶を嗜めます。

お土産

さらに、お土産コーナーまで!本当になんでも揃っている…!

階段

階段を上って2階へ(エレベーターあり)。

本棚

2階のラウンジスペースでは約1000冊の漫画や雑誌を自由に読むことができます。本の種類が豊富で嬉しい…!

本棚

本は部屋に持ち出しもできます!読み終えたら部屋に置きっ放しにはせず、元の場所に戻してください。2階の男性フロア付近にありますが、女性の方も利用可能です。

喫煙室

喫煙ルームは1階の階段横にあります。

プライベート空間が確保された快適な客室

女性専用フロア

「グランドキャビンホテル那覇小禄」の客室数は全150室。

1階は女性専用、2階は男性専用と男女別のフロアです。セキュリティー上、各フロアのドアはロックされているため、チェックイン時に渡されるセキュリティカードで解錠。女性の一人旅でも安心です。

各部屋の定員は1名。満16歳未満は利用できません。

カードキー

このセキュリティカードをカードリーダーにタッチすると、各フロアへの扉が開きます。

客室フロア

こちらが客室。想像よりかなり広い!エリアによって異なる多彩な壁紙もポイントです。

上下2段に分かれた個室だと「寝るだけ」のスペースしかありませんが、グランドキャビンホテル那覇小禄は、1部屋として独立した圧迫感のない部屋でゆっくりとくつろげます。

広さは約2m×2mの4平方メートルほどあり、スーツケースも広げられます。荷物の多い旅行客には嬉しい…!天井も高く、立ち上がれるので着替えもスムーズ。

アコーディオンカーテン

入り口のアコーディオンカーテンを閉めれば、プライベートな空間を確保できます。ドア付きの完全な個室ではないため多少の物音は聞こえますが、隣の部屋とはしっかりと壁で仕切られているのでそこまで気になりません。

鍵

アコーディオンカーテンは部屋の中・外どちらからでも施錠可能。

客室内

ホテルのベッドは全世界で数多くの高級ホテルに採用され、全米シェアNo.1を誇る「サータ」のマットレスを導入しているそう。これはもうキャビンタイプホテルの域を超えているのでは…!?

ベッド

寝心地抜群で、本当にぐっすり眠れました。

ベッド下

ベッド下が大きく開いており、キャリーケースも十分入る高さ。収納スペースとして使用できます。

コンセント

USBコンセントも2穴あります。枕の下にセットして振動で起きられる目覚ましの貸出しもしているとのこと。

貴重品ボックス

もちろん貴重品ボックスも。

部屋にセットされたアメニティ

部屋にセットされた備品は、ルームウェア・バスタオル・フェイスタオル。

スリッパ

スリッパもしっかりしたもので、よくある使い捨てのテロテロのものではありません!

消臭スプレー

消臭スプレーがあるのは嬉しい!

フロント直通電話

廊下にはフロントデスク直通の電話がありました。

男女別のシャワールームとパウダールーム、備品について

カードキー

シャワールーム&パウダールームを利用する際にもセキュリティカードが必要です。

シャワールーム

シャワールームは女性用が6室、男性用が7室。脱衣スペースもあり、鍵をかけられます。

バスマット

こちらはなんとバスマット!常に新しいものを使用できます。

シャワールーム

シャワールームに腰掛けが用意されており、座りながらゆっくりとシャワーを浴びられます。観光で疲れた体に嬉しい気配り…!

アメニティ

アメニティはペリカン石鹸のプロバンシアを採用。心安らぐラベンダーの香りのシャンプーとコンディショナー、甘く香ばしいアーモンドの香りのボディソープです。

パウダールーム

パウダールームは女性用、男性用各8席ずつ。仕切りがあり、隣の目線が気になりません。ティッシュ・ハンド&フェイスソープ・ドライヤーが各席にセットされ、アメニティは後ろの棚から取ります。

男性用アメニティ

男性用アメニティは、歯ブラシ・ヘアブラシ・ひげそり・綿棒。女性用アメニティは、歯ブラシ・ヘアブラシ・カミソリ・綿棒・レディースセット。

トイレ

こちらはトイレなのですが、トイレとは思えない清潔感です。

コインランドリー

コインランドリーは各フロアに2台ずつあります。

朝6時半から朝食会場がオープン!洋食のブレックファースト

朝食ラウンジ

朝食会場は1階ラウンジ。6:30〜9:30まで提供しています。朝食時だけは館内着での利用は控えてほしいとのこと。チェックイン時に渡される朝食カードを忘れずに持参してください。

朝食メニュー

朝食メニューは、軽めのアメリカンブレックファースト。トーストと温かいスープ、ゆでたまご、サラダ、ハム、ソーセージにコーヒー付きです。

ショートステイも可能!連泊、荷物預かり、駐車場について

宿泊日当日に限りチェックイン前・チェックアウト後も荷物預かり可。

ショートステイなら2時間2000円~、9時~23時の間で利用できます。仕事の合間の休憩やちょっとした仮眠など、疲れたカラダのリフレッシュに。

10:00~15:00は全室清掃作業が入り、連泊の場合でもベッドメイクのシーツ交換とタオル交換があります。その間は荷物はベッドの下に入れラウンジで過ごすか、清掃を希望しない場合は部屋にいてもいいそうです。

駐車場

駐車場は宿泊者なら1泊1,000円で利用可能。宿泊客以外も30分100円で利用できます。

最後に、ポイントまとめ

<オススメポイント>
・沖縄県では珍しく国内観光客の利用が多く、今のところ外国人観光客の割合は1割程度。
・空港から1駅、駅から3分というアクセスの良さ。
・男女別のフロアはセキュリティカードで管理されており、女性でも安心。
・プライベート空間が確保された居心地の良い客室。
・高級ホテルでも使用されるようなベッドが採用されており、寝心地抜群。
・ラウンジやパウダールームなどの共用施設が広くて綺麗。

<同行した編集部の女性の感想>
・女性専用フロアは生活音(カーテン開閉・足音など)が時折聞こえる程度で、人がまだ少ないせいかとても静か。みんな「静かにしないと・・・」と、ひっそり過ごしている感じも。笑
・女性しかいないフロアなので、トイレやパウダールームを部屋着で行き来できるのがとても楽。
・ホテルのルームウェアが上下セパレートのズボンタイプで動きやすく過ごしやすかった。
・パウダールームは各席のスペースが広く、照明も明るいので身支度に使いやすい。各席の洗面台は、鏡までの距離が遠くメイクするには身を乗り出す感じ。しっかり鏡をみてメイクをしたい場合はハンドミラーを使用するか、部屋の姿見を使うと良さそう。

支配人

支配人の東浜さん曰く「ホテルのラウンジということで静かにされている方が多いそうですが、もっとお客さん同士わいわいやってもらえれば…。ゲストハウスのようにいろいろな方と交流を持てる場にしていただけたらと思ってます」とのこと。

僕も本島に来た際はまたグランドキャビンホテルさんを利用させていただく思うので、みなさん、こちらのラウンジでお会いしましょう!笑

外観

 

[施設情報]グランドキャビンホテル那覇小禄
所在地:沖縄県那覇市宇栄原1丁目27の1
アクセス:沖縄都市モノレール「赤嶺駅」徒歩約3分
客室数:全150室
女性専用フロア(63室 : シングル45室 / ワイドシングル18室)
男性専用フロア(87室 : シングル59室 / ワイドシングル28室)
TEL:098-851-4990
FAX:098-851-4991
チェックイン:15:00〜0:00
チェックアウト:10:00
https://www.grandcabinhotel.com

きぬ
この記事を書いた人きぬ

東京生まれ東京育ち。表参道でグラフィックデザイナーとして働いたのち、宮古島に移住。現在はウェブデザイナーとライターをやっています。趣味は国内旅行とイラスト。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

4月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション