「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい沖縄観光情報サイト

食事

2018.05.21

【閉店】こだわりの沖縄県産食材で作る絶品ランチ!糸満市「3 PEACE CAFE」

追記:3 PEACE CAFEは2022年に閉店となりました

ずっと続く畑の間の道を進んでいくと、カフェの小さな看板が見えてきます。ちょっと分かりにくいですが、案内どおりに奥へ進んでいくとそこが入り口。海の見える別荘に来た気分になります。

爽やかな白と温かみのある木の素材が印象的な店内。海をイメージした小物と店主の大好きなウクレレが並びます。そこはまるでハワイのカフェのよう。

気持ちいい海風が吹くテラスからは、すぐ近くに広がる海が見渡せます。この日はあいにくの雨ですが、それでも美しい景色に思わずため息が漏れてしまいます。

店主の温もりあふれる手書きのメニュー。観光客にとっても魅力的なメニューですが、地元の方でも楽しめるメニューも用意しています。

沖縄の海を思わせる海ぶどうの香りが爽やかな「海ぶどうの和風ペペロンチーノ1,000円(税込)」。ピリッとした辛さと共に口の中に広がる、上品なカツオとニンニクの風味が食欲をそそります。海ぶどうを絡めて食感も楽しんで。甘い美らキャロットのドレッシングをかけた県産野菜のサラダも絶品。

プラス100円でドリンクセットにできます。暑い夏には甘酸っぱい「アセロラジュース」を一緒にどうぞ。

スイーツ作りが好きという店主の宮川さん。手作り日替わりの「ケーキセット600円(税込)」を食後にいかが。今回紹介してもらったのは「かぼちゃときび砂糖のタルト」。素材のほのかな甘さが際立つしっとりタルトです。

———————————————————————————————————————

畑が広がる静かな場所に、海を見渡す素敵なカフェがあります。道端の小さな看板を目印に進むと見えてくる「3 PEACE CAFE」。沖縄の海に映える白を基調にした店内。まるで額縁に飾られたようなオシャレなキッチンに立つのは、10年前に沖縄の海に魅せられ東京から移住してきた宮川さんです。「昔から海の見える場所でカフェを開くのが夢だったんです。」糸満市西崎で8年間営業した後に、ようやく夢を叶えたばかりのこのお店。沖縄や海をイメージしたオリジナルメニューは、全て宮川さんの手作り。糸満市でとれた野菜や近海魚の中でも特にこだわっているのが、お店のすぐ近くで採れる海ぶどうです。「いい素材なのだから、もっといろんなアレンジの仕方があることを知ってほしい。」と宮川さん。海ぶどう独特のプチプチ食感と海の風味を生かした料理はどれも絶品です。

———————————————————————————————————————

店主    宮川 奈々(みやがわ なな)

1973年東京都生まれ。サーフィンが趣味という宮川さん。千葉県のレストランで勤めた後に、沖縄の海に憧れ2008年に移住。お店から見える海の景色がお気に入り。

その他メニュー/島豆腐のチーズハンバーグブラウンソースプレート800円、チキンのガーリックソースプレート800円、フレッシュ海ぶどうとまぐろ中落ち丼1,000円、海ぶどうアイスクリーム(塩ちんすこう/シークワーサー)400円  (税込)

追記:3 PEACE CAFEは2022年に閉店となりました

[基本情報]
住所:糸満市真栄里1934-1
営業時間:11:30〜日没
電話:098-994-0014
定休日:日曜日・月曜日
駐車場:あり
クレジットカード:不可
完全禁煙

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧

お得で楽しい沖縄旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

8月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション