「感じる・触れる、心動かされる」九州の旅を楽しくする情報がいっぱい!九州観光情報サイト

観光

2020.03.26

NHK大河ドラマ・西郷どんのロケ地「宮古崎」奄美大島の絶景に向かってウォーキング

絶景の宝庫、奄美大島でさらなる佳景を探し求める、絶景ハンターの勝です。

2018年に放映されたNHK大河ドラマ西郷どん。西郷隆盛は若いころ奄美に流され、しばらく生活していました。そのシーンが実際に奄美大島のあちこちで撮影。実は、わたしもそのロケの様子を、遠くからチラッと見ることができました。

その中でも、ドラマのシーンにたびたび登場し、オープニング映像で西郷隆盛役の鈴木亮平さんが雄大な景色を見ながら腕を組んで立っていた印象的な場所があります。それが東シナ海側に突き出た宮古崎です。

西郷どんのロケ地になり人気急上昇!

宮古崎には、丈の低い笹(リュウキュウチク)がびっしりと生えていて、地元ではササントと呼ばれています。

宮古崎は、国定公園にも指定されている景勝地ですが、元々観光客にはあまり知られていない穴場でした。ところが、西郷どんで一気に人気に火が付きました。

今回は、鈴木亮平ファンのライター吉田さんが奄美大島に遊びに来てくれたので、亮平さんが立っていた宮古崎に行ってきました。

(ライター吉田さんの「冬の奄美ひとり旅」はこちら)

先端まで20分!歩きやすい散歩道

奄美大島の中心街・名瀬から車で30分。奄美市と大和村の境に位置する岬の先端に宮古崎はあります。

早速、名瀬から県道79号線を南へ車を走らせます。

奄美市根瀬部からもう少し進み、「大和村」の標識が出たら、右側に「西郷どんのロケ地 宮古崎」というのぼりが見えてきます。

こののぼりの立っている広場も駐車場となっています。ただ、狭いうえにヘアピンカーブの先端にあるので、できればその先の道路左側にある専用駐車場に停めましょう。

さて、宮古崎の先端を目指してスタート。

入り口の広場から約1.47km。さあ、頑張って歩きましょう。

しばらく木洩れ日の気持ちいい遊歩道が続きます。

舗装された、広い遊歩道が続いています。

ところどころに「宮古崎まで〇〇m」という標識が立っています。しかし、その表示距離が正確かどうかは、みんなで議論になることも。

みなさんもぜひ歩いてみて、自分の感覚を確かめてみてくださいね。

途中、木々の間から美しい海が見えます。左側に見えるのは、国直海岸

美しい景色を見ながら歩けるのも楽しみのひとつです。

ところどころ上り坂が現れます。山道ほどではないですが、意外と息が切れるかも。

途中、いったん景色が開け、宮古崎の先端に目的地のササントが見えます。

ササントの手前には展望台があり、その下には簡易式のバイオトイレ。

ここまでは舗装道路です。さあ、ここから道は狭くなります。

林の中の細い道を歩いていきます。

最後の上り坂を上りきると、いきなり視界が開け、ササントへ!

海に突き出た不思議な絶景

岬の先端まで続く草原!

と思いきや、よく見ると笹!ここが「ササント」です。

リュウキュウチクは、普通は1m~3mの高さがありますが、ササントは50cmぐらいの高さに揃っています。

ここはいつも強風が吹いているので、笹があまり高く育たないと言われています。

遠くから見ると草原のように見えるのに、実際は「腰まである笹を分け入って進む」感覚。

ここにはハブは居ないと聞いていたので、安心してずんずん進みます。

ただ、絶対に居ないと確認した人はいないようなので、「ここでハブと出会った人は居ない」というのが正しい情報と思われます。

ササントには、人ひとりがやっと通れるぐらいの、「けものみち」のような細い道がいくつかあります。

これは、人が笹を踏み固めてできた道。そのうちのいくつかは、青く澄んだ海まで続いています。ただ、波が立っている場合は危ないので、降りないようにしてください。

ササントには、石のベンチとテーブルの置いてある休憩処が何か所かあります。

風が穏やかな日は、ここでお弁当を食べても気持ちよさそうです。

宮古崎に行く時の注意事項!

ここで、宮古崎まで歩く場合の注意事項です。

県道沿いの広場から宮古崎まで片道約1.47km。徒歩で片道20分~30分ぐらいです。

1.念のためトイレを済ませておく
向かう途中には、簡易式のバイオトイレしかありません

2.日焼け止めを塗り、帽子やサングラスを持っていく
宮古崎の先端は日差しをさえぎるものが何もなく、晴れた日は確実に直射日光にさらされます

3.タオルを持ち、脱ぎ着のしやすい服装にする
冬でも晴れの日に歩いているとかなり暑くなり、汗をかきます

4.靴下+歩きやすいスニーカーがおすすめ
裸足にビーチサンダルで行って、笹が足にあたって傷になり痛かったという人も。雨上がりの場合はすべりにくい靴にしましょう

5.水筒やペットボトルなど、飲み物を持っていく
自販機等はありません

奄美大島でも珍しい景色が見られる宮古崎。

その道のりはおいしい島料理を食べた後のエネルギー消費にもちょうど良い距離です。足を延ばしてササントまで散歩してみてはいかがでしょうか。

[基本情報]宮古崎
住所:〒894-3101 鹿児島県大島郡大和村大字国直668-7
電話:0997-57-2153(大和村産業振興課農林係)
https://www.vill.yamato.lg.jp/kikaku/shisetsu/kanko-spot/002.html

勝朝子
この記事を書いた人勝 朝子

東京出身。7年前から奄美大島と神奈川県湘南エリアとの二拠点居住。
奄美の自然・文化・人が大好きな私には、島は日々発見の宝庫!隅々まで探索中です!

このライターの記事一覧

キーワード:

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

6月のおすすめ記事Recommend

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション