「感じる・触れる、心動かされる」九州の旅を楽しくする情報がいっぱい!九州観光情報サイト

観光

2019.03.26

地球のパワーを感じる絶景の宝庫!巨岩や奇岩スゴイ岩にくぎ付けの徳之島

鹿児島県の奄美大島と神奈川の藤沢を二地域居住で行き来しているライターの勝です。今回は、長寿と子宝の島として知られる、鹿児島県の「徳之島」のパワースポットへ!スゴイ岩の絶景を見に行ってきました。

大海原にそそり立つ断崖絶壁が見事な「犬田布岬」

徳之島の最西端、島の南西部にある三角形に突き出た犬田布岬(いぬたぶみさき)へ。

到着すると、目に入ってくる大きなモニュメントは戦艦大和の慰霊塔です。戦艦大和が実際に沈没したのは、屋久島の沖合なのですが、長い間、徳之島の西の海上と伝えられていたため、ここに慰霊塔が建てられたのだそう。

駐車場から少し降りていくと早くも左側には断崖の光景。潮が引いてあらわになったサンゴ礁のリーフ、その奥に波で侵食されたキノコの形をした大きな岩が3つ並んでいます。

しばらく歩くと、またもや右側に壮大な景色の断崖絶壁が現れます。南の島というよりは、どこかヨーロッパ大陸の最果てに来たかのような雄大な絶景。ここは、奄美十景のひとつにも選ばれています。

名前の由来はちょっと怖い「犬の門蓋」

犬田布岬から北上して車で約20分。サトウキビ畑の間をぬって走行すると犬の門蓋(いんのじょうふた)が現れます。岩に空いた二つの穴は、形の通りメガネ岩と呼ばれています。穴から見える海の景色が別世界へと通じる窓のように感じられます。

犬の門蓋(いんのじょうふた)という珍しい名前は、昔、大飢饉のときに畑を荒らしたり、家畜を襲ったりした野良犬をここで海に投じたという、ちょっと怖い逸話からきています。

二つの穴を通り抜けると、クレーターのような穴が空いた岩が、海まで続いています。この穴のことをポットホールといい、岩のへこんだ部分に入り込んだ石が、水流でぐるぐると回されて岩を削り、穴が空いたそうです。

このあたりの地形は、隆起サンゴ礁が長年にわたり浸食されたもの。エッジのとがったトゲトゲした岩場になっており、歩くときは注意が必要です。

あっ!こんなところにもハートロック!!ポットホールが連結してハート形になっています。そのうち人気スポットになるかもしれないですね。

海に突き出た部分は浸食されて岩が非常に鋭利になっています。そこに波が当たって勢いよく潮を吹き上げて、まるで噴水のよう。しかし、危ないのであまり近づかないように気をつけてくださいね。

巨岩の絶景!まるで別の星に来たかのような「ムシロ瀬」

犬の門蓋から北へ車で約10分。海岸一面にムシロを敷き詰めたような巨岩が連なるムシロ瀬(むしろぜ)があります。

これまで見てきた海岸は、隆起サンゴ礁が海水で侵食された岩が多かったのですが、ここは表面の滑らかな巨大な花崗岩がゴロゴロ転がったり、敷き詰められていたり、今までとは対照的な独特の風景です。

一つひとつの岩を見ていると、カエルやヒトの顔のように見えてきます。とにかく圧倒されるのは岩が大きいこと。だんだんと、ここは本当に地球?と思えてくるほど、別の星に来たような気分。こんな場所で座禅を組んだら、集中力が高まって素早く精神統一ができそうな気がします。

長い年月を経て岩となって海水の侵食によって削られて、亀裂が入ったり、転がったりと歴史を経てここに存在する岩。とても巨大な岩は、どれも神秘的でした。

規則正しく縦横に筋が入って割れている岩を眺めていると、見方によっては人工物の芸術作品のようにさえ見えてきます。このムシロ瀬も、奄美十景のひとつに選ばれています。

徳之島ならではのものを探してお土産屋さんへ

岩や地形を見て回った後は、島内のお買い物へ。徳之島の特産品といえば、黒砂糖やアオサ、最近はクッキーやご当地サイダーなども人気です。

地元で収穫された野菜や果物を買うなら、伊仙町の「直売所百菜(ひゃくさい)」が便利です。

私は、徳之島産の茶葉で作った紅茶「べにふうき」を購入。カテキンを多く含んで花粉症に効果があると噂のお茶であり、徳之島でたくさん栽培されています。飲んでみたところ、とても美味しかったのです。

「春一番」というブランドのじゃがいもも有名です。

じゃがいものメジャーな産地・北海道よりも早い時期に市場に出回り、徳之島では「新じゃが」と呼ばれる春に出荷されるじゃがいもの栽培が盛んです。

「鹿児島産」と書かれているじゃがいもは、実は「徳之島産」であることが多いそうです。そのなかでも、全国に先駆けて一番最初に発売される「春一番」は、皮も薄くて煮崩れしにくく、しっとりとした食感です。

百菜には、ほかにも採れたての野菜、果物、黒糖、ドレッシングやジャムの加工品など、たくさんの特産品が並んでいます。

お土産といえば、徳之島子宝空港の搭乗ゲート前にあるお土産ショップにも、かわいいお土産が豊富に揃っています。

コーヒーも販売しており、島の食材で作ったお菓子が1個からバラ売りで販売しています。ドリンクとお菓子を買って、搭乗時間までゆったりと過ごすのもお勧めです。食べておいしかったら、お土産にまとめ買いするのもいいですね。

今回は、ちょっとマニアックに徳之島の岩や地形に焦点をあてて、パワースポットをめぐる旅をしてみました。いかがだったでしょうか。ムシロ瀬で瞑想にふけるもよし、断崖や浸食された地形を見て大いなる自然に身を任せるもよし。ゆったりとした時間の流れとスケールを感じに、徳之島に旅してみませんか。

 

[基本情報]直売所 百菜
鹿児島県大島郡伊仙町伊仙2311
0997-86-2793
0997-86-3886
公式サイト:http://100-sai.jp/

[基本情報]ムシロ瀬
鹿児島県大島郡天城町与名間字大石クジン1-3
0997-85-5382(天城町商工水産観光課)
料金:無料
アクセス:徳之島子宝空港から車で約15分
駐車場:普通車15台、バス2台

勝朝子
この記事を書いた人勝 朝子

東京出身。7年前から奄美大島と神奈川県湘南エリアとの二拠点居住。
奄美の自然・文化・人が大好きな私には、島は日々発見の宝庫!隅々まで探索中です!

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

スマホでも九州格安ツアーをラクラク予約♪

お得で楽しい九州格安ツアーの販売♪
24時間オンライン予約OK!

9月のおすすめ記事Recommend

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション