「感じる・触れる、心動かされる」九州の旅を楽しくする情報がいっぱい九州観光情報サイト

食事

2021.06.30

与論島で絶景カフェタイムを楽しもう!島の小さなケーキ屋さん「ろんろなーる」

与論島で絶景カフェタイムを楽しもう!島の小さなケーキ屋さん「ろんろなーる」

与論島には店主のこだわりがつまった小さなお店が点在しています。

そのなかで、今回は「ろんろなーる」という小さなケーキ屋さんをご紹介します。イートインスペースのひとつである2階デッキで過ごす時間が特におすすめなのです。

お店から手作りした島の小さなケーキ屋さん

お店から手作りした島の小さなケーキ屋さん

ろんろなーるは、店主である原恵さんがコツコツとDIYをして作り上げたお店です。猫が大好きな恵さん、店内外には猫のモチーフがあちこちに見られます。

店長の「はっちゃん」

ろんろなーるには猫が全部で9匹おり、写真は店長の「はっちゃん」です。

猫たちはたまに店内をうろうろしていますが、もしケーキを欲しがることがあっても、あげないでもらえたらとのことでした。

ろんろなーるでは、定番のケーキと季節のケーキがあります

ろんろなーるでは、定番のケーキと季節のケーキがあります。取材にうかがった日のラインナップはこちら。

中心にあるのが季節限定の「百合ヶ浜ゼリー」。百合ヶ浜をイメージしたソーダゼリーで、さわやかな味わいです。

マンゴーパフェ

パフェも2種類あります。写真はマンゴーパフェ。果肉感があり食べ応えのある一品で、こちらもおすすめです。

2階デッキスペースで海を見ながらカフェタイム

2階デッキスペースで海を見ながらカフェタイム

2階デッキスペースは開放感たっぷり。緑の先はすぐ海です。

この日は、季節限定のレモンシュークリームとトロピカルグリーンティーをいただきました。どちらもさわやかな味で暑い日にピッタリの組み合わせでした。

デッキスペースは2組限定とのこと。利用するときはお店の方に確認してみてくださいね。

雨天時でも楽しめる屋内イートインスペースとセレクト雑貨

屋内イートインスペース

2階デッキスペース以外にもイートインコーナーはあります。ひとつはデッキに上がる階段の下、もうひとつはレジの奥側にあるスペースです。

このカフェスペースのみ、雨天時でも利用できます。ここは他のお客さんからは見えないので、雨音を聞きながらのんびり過ごせます。

店内では輸入雑貨屋ROUTE623Garageのオーナーが作ったハンドメイド雑貨や店主セレクトの雑貨なども売られています

また、店内では輸入雑貨屋ROUTE623Garageのオーナーが作ったハンドメイド雑貨や店主セレクトの雑貨なども売られています。

海が見える!ろんろなーるまでの道順

ろんろなーるの行き方

ろんろなーるの行き方に迷ったら、まず『ヨロン島ガイドマップ』と対応している「33」の目印を目指すとわかりやすいです。

(ガイドマップはヨロン島観光協会のホームページからダウンロードできます)

この交差点を海に向かって直進。ゆるやかな坂を下ると海につきあたりますので、左折してください。100mほど進んで右手にろんろなーるがあります。

ろんろなーるに向かう道中、海がきれいに見えます。

ろんろなーるに向かう道中、海がきれいに見えます。

青空の下でケーキが楽しめるろんろなーる。島内でも海を眺めながらのんびりできるカフェは少ないので、与論島巡りの休憩に、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

[基本情報]RONRONAR(ろんろなーる)
住所:鹿児島県大島郡与論町那間2644-1
電話: 090-3598-3395
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日、火曜日
駐車場: なし
URL:https://www.facebook.com/RONRONAR.yoron

箱山康子
この記事を書いた人箱山 康子

与論島在住ライター。2014年に移住し、与論島出身で焼肉屋の夫と2人の子どもたちと暮らしています。与論島の海や自然が素晴らしすぎることから、一眼レフで写真を撮ることにハマっています。

このライターの記事一覧

お得で楽しい九州旅行、格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

9月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション