「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2019.10.09

「えっ...薬膳料理ってこんなに美味しいの!?」
日替わりカレーが大人気、那覇市銘苅の「春々堂 with やぶさち」

春々堂 with やぶさち
ちゅんちゅんどう

「薬膳料理」といったら、どんな料理を想像しますか。体にはいいけれど、すごく苦かったり、クセのある匂いがしたり?いやいや、もうそんなイメージは古い!今は、美味しく食べて健康になる時代なんです!!美味しい薬膳料理を求めてやってきたのは、沖縄県那覇市銘苅「なは市民協働プラザ」というビルの中にある「春々堂 with やぶさち」。そう、あの全国的に有名な製薬会社・廣貫堂がプロデュースするカフェ「春々堂」と、南城市で人気の海が見えるカフェ「Cafeやぶさち」がコラボしたお店です。「色々メニューがありますが、元気になる生薬を使った特製カレーが一番人気ですよ」と教えてくれたのは店長の友利さん。高麗人参などの生薬を含む10種類のスパイスを使用。食べれば、体の内側から元気が湧いてきます。日替わりなので、毎日食べに行きたくなっちゃうかも。サンゴビールや琉球ハブボールなどのお酒も置いているので、仕事や観光の後に一杯飲んでくのもいいですね。

場所は那覇空港から車で20分ほど、那覇市の機関や企業などが入るなは市民協働プラザの1階にお店があります。運転しながら探していると見逃してしまいそう、お店ののぼりが目印です。ビルの地下には、2時間無料で停められる駐車場もあります。

 

忙しい那覇市の街並みをバックに、店内でゆったりとカフェタイム。なんか贅沢な気分になりますね。コワーキングスペースとしても使えるよう、手前の大きなテーブルではコンセントも利用できます。

 

こちらは毎日用意している「薬膳根菜カレー1,330円(ランチ価格、税込)」。高麗人参を乾燥させて粉末にした紅参粉を使用。体を温めて元気にしてくれる効果があるそうです。里芋や人参、ゴボウなどの根菜にもしっかりとスパイスの味が染みててメチャウマ!爽やかな香りの紅花と15穀米、5つの生薬を使った「紅花ご飯」との相性もバツグンです。

 

ランチタイムではサラダやドリンク、スープが食べ放題。特に人気なのが、生姜やシイタケなどを使った「ポカポカスープ」。飲めば体の芯から暖かくなりますよ。

 

パティシエの資格も持っているという友利さんにオススメしてもらったのが、手作りの「濃厚ティラミス500円(税込)」。豆乳生クリームを使っていて、プルンとした食感とサッパリとしながらも濃厚な甘さが特徴です。

 

お店ではもちろん廣貫堂さんの商品も販売しています。1番人気はレトルトのやくぜんカレー。

 

営/11:00〜21:00 (L.O.20:00)    ランチ11:00〜14:30    休/日曜    WiFi/あり    クレジットカード/可(JCBなど一部使用不可)    煙草/禁煙    P/あり

▼春々堂 with やぶさち

所在地: 沖縄県那覇市銘苅2-3-1 なは市民協働プラザBコア1F

電話: 098-800-2606

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

10月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション