「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2019.06.10

キラキラ輝くタピオカと
50嵐の美味しいお茶に「KOI」をする!?
那覇市牧志のKOI Thé(コイティー)

KOI Thé 沖映通り店
こいてぃー

美味しいタピオカティーの秘訣といえば、モチモチのタピオカ、スッキリとした甘み、そして飲んだ瞬間から口の中に広がるふか〜いお茶の味わい。そう、タピオカティーの美味しさは茶葉にあると言っても過言ではないのです!そんな美味しい逸品を求めてやってきたのが、沖縄県那覇市の沖映通りにある「KOI Thé(コイティー)」。店名の由来を「15度くらい頭を右に傾けてみてください」と教えてくれたのは、店長の窪田さん。世界に約400店舗展開する「KOI Thé」の大元は、台湾の「50嵐(ウースーラン)」。筆者も旅行したことがありますが、台湾にはいろんなところにお茶のお店がありますよね。朝のひと時、仕事や学業の合間、家族との時間、ホッと一息つきたい時に、台湾の方々は必ずお茶を飲むんだそうです。美味しいお茶を知り尽くした台湾の方々から、絶大な支持を受けるのがこの「50嵐」。そんな特別なお茶には、特別なタピオカを。ブラックタピオカが主流な中、「KOI Thé」では粒が大きくてモチモチ食感が楽しめるゴールデンタピオカと、サラッと飲み干せるパールタピオカを用意しています。甘さや氷の量も選べるので、自分好みのタピオカティーをチョイスしてください。

場所は那覇市牧志。国際通りのむつみ橋交差点から沖映通りを北向きに進むと、シックな黒のお店が見えてきます。平日でも外まで人が並ぶほど人気のお店です。

 

シックな外の雰囲気とは対照的に、店内は白を基調としていて爽やか。大きな窓から心地よい光が差し込んでいます。飲食スペースが広くクッキーなどのお菓子も販売しているので、ゆっくりと過ごすことができます。

 

せっかく沖縄のお店に来たんだから、これは絶対に飲まなくちゃ!沖縄テイスト満載の「タピオカ黒糖ミルクティー(M)620円(税込)」。台湾産のアッサムティーをベースに、上質な黒糖をたっぷり使っており、上品な黒糖の甘みと香りが味わえます。

 

こちらは「タピオカ抹茶ラテ(M)590円(税込)」。飲んだ瞬間にフワリと鼻腔をくすぐる抹茶の香り。ほのかな甘さの中にも際立つ、爽やかな苦味が特徴です。ゴールデンタピオカ・牛乳・抹茶のコントラストがステキ♡

 

「実はコレ、テレビで紹介されて今話題なんですよ」と窪田さんに勧められたのが、この「ジャスミン緑茶+パールタピオカ(M)500円(税込)」。スッキリとした茶葉の苦味とサラサラとしたタピオカで、暑い夏にゴクゴクと飲むことができます。

 

店舗には毎日、気候に応じた1杯を用意しています。まずはコレを飲んでから、注文する商品を決めるといいかもしれないですね。

 

台湾の美味しいお茶をそのまま日本でも飲んでもらえるよう、「KOI Thé」では提供するまでの工程、温度、鮮度に徹底的にこだわっているそうです。「ひと時のブームではなく、お茶を飲んでホッとする習慣が日本でも根付くといいですね」と窪田さんは笑顔で答えてくれました。

 

その他メニュー/アッサム紅茶420円、マンゴー烏龍茶500円、緑茶マキアート500円、キャラメル紅茶マキアート580円、緑茶ミルクティー460円、烏龍茶ラテ510円、レモンヤクルトジュース580円、ミックスタピオカミルク590円   (全てM、税込)

 

営/10:00〜22:00(金・土・日曜は23:00迄)    休/無休 WiFi/なし クレジットカード/不可  煙草/禁煙 P/あり(2杯以上の購入でタイムス沖映通り利用が30分無料)

 

▼KOI Thé 沖映通り店

所在地: 沖縄県那覇市牧志1-3-34

電話: 098-868-0881

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

スマホでも沖縄格安ツアーをラクラク予約♪

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪
24時間オンライン予約OK!

おすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション