「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2019.05.31

多良間島産の黒糖を使ったタピオカはここだけ!?可愛さもボリューム満点、那覇市牧志のamitapi

amitapi
あみたぴ

「amitapi」というとっても可愛いタピオカドリンクのお店ができたと聞いて、さっそくやってきたのは沖縄県の那覇市。場所は観光客が集まる国際通りのほぼ真ん中、「てんぶす那覇」というビルの中にあります。海を思わせる青を基調とした店内に、色とりどりのドリンクメニュー。選んでるだけでもキュンキュンしちゃいそうなほど可愛いドリンクを考案したのは、元アイドル(!?)という笑顔のステキなamiさん。「ライブで海外に行った時にタピオカにハマっちゃって...」グループが解散したのを機に、2019年の1月に大好きなタピオカドリンクのお店を沖縄にオープンさせました。「amitapiのタピオカはとってもモチモチなんですよ」とamiさん。タピオカは産地によって食感や風味が変わるらしく、今のモチモチ感を出すのにとても苦労したと言います。しかもこのタピオカ、沖縄県多良間島の黒糖を練りこんでいて、そのまま食べても美味しいんですよ。店内にはキレイな琉球衣装も用意しているので、可愛いタピオカドリンクを片手にパシャッと1枚思い出を残しましょ♪

国際通り沿いの「てんぶす那覇」の1階にお店はあります。ビルに入って奥に進むと…見えてきました、まるで海に来たような気分になれる可愛いお店「amitapi」。

タピオカドリンクといえばテイクアウトのイメージがありますが、ここは店内が広く席数も多いので、ゆっくりとイートインできますよ。レジ後ろのリボンのストローがめっちゃ可愛い!

25種類あるメニューの中からamiさんがオススメしてくれたのは、「紅芋タルト・デ・ミルク700円(税込)」。ミルクには紅芋と多良間島産の黒糖をブレンドしていて、沖縄らしいさっぱりとした甘さが魅力です。生クリームに紅芋タルトとちんすこうでボリュームたっぷり。

「タピオカに負けないくらいモチモチなんですよ」とamiさんに紹介してもらったのがこの「amiポテ500円(税込)」。毎日手作りで仕込んでいるというポテトは、注文を受けてから揚げるのでアツアツです。

お店には簡単に着れる琉球衣装も置いていて、インスタ映えする写真が撮れちゃいます。筆者が着るとクレームが来そうなので、今回はamiさんに着てもらいました!メッチャ可愛いですよ〜(≧∀≦)

「女子学生に楽しんでほしい」とamiさん。携帯の充電器やヘアアイロンが借りれて、メイクアップスペースやファッション誌もあるなんて、女の子にとっては至れり尽くせりじゃないですか!

店長 ami   あみ

1998年生まれ東京都出身。16歳の頃にスカウトされて20歳までアイドルとして活動。「グループ名はちょっと恥ずかしいので…」とのこと。解散後の2019年からamitapiを始める。愛犬のショコラちゃんを溺愛しており、2人の可愛い写真を見せていただきましたよ。最近釣りに初挑戦したらしく、いつかはマグロを釣ってみたいそうです。

その他メニュー/タピオカミルクティー500円、タピオカ苺ミルク500円、オレンジタピッシュ500円、コーヒー400円、アセロラジュース400円、沖縄パイナップルまるごとジュース1,200円   (一例、全て税込)

 

営/10:00〜19:00(L.O.18:40)    休/なし    WiFi/あり    クレジットカード/不可    煙草/禁煙    P/なし(てんぶす館専用の有料Pあり)

 

▼amitapi

所在地: 沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす館1F

電話: 098-861-0129

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪ 24時間オンライン予約OK!

10月のおすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション