「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2019.02.26

オープンから60年以上!辺野古で愛されるタコス&タコライス「喫茶ワシントン」

喫茶ワシントン

地元の方がオススメするお店に突撃取材してきました企画(?)の第2弾。「カフェギャラリー しょう(笑)」の方に「市街地の方に美味しいタコライスのお店があるよ」と教えてもらって、向かったのは「喫茶ワシントン」。「タコライスの元祖はうちだよ」と語ってくれたのは、オーナーの玉利さんです。このお店ができてもう60年以上、当時の辺野古はベトナム戦争へ向かう米兵でとても賑わっていたといいます。「体の大きいアメリカ人は、一人で何十個もタコスを食べる。だから忙しくてね、厨房ではご飯にタコスミートをかけてまかないにしていたんだ」そんなルーツで生まれたのが「ヘノコタコライス」。「もう一度、あの時の活気を取り戻したいね」この名前には玉利さんのそんな想いが込められています。

喫茶ワシントンは、基地の町だった頃の雰囲気を色濃く残す場所にあります。お店はパーラー風。注文口の前の椅子に座って、辺野古の風を感じながらゆっくりと食事ができます。

 

60年前から変わらない人気の「ヘノコタコス(1ピース)200円(税込)」。サクッとした生地とシャキシャキ野菜の食感、甘辛いタコスミートとの組み合わせは最高です。

 

厨房のまかないから生まれた「ヘノコタコライス(大)600円(税込)」。まだ県外にタコライスが知られていない時に、玉利さんは全国の物産展を巡ってタコライスをPRしたそうです。今ではレシピ本でも紹介されるほど有名になりましたね。

 

実はこのお店、「株式会社 辺野古総合研究所」の事務所も兼ねているのです。玉利さんはその社長。「1万人の町作り」というスローガンを掲げ、毎日辺野古活性化のために努力されています。

 

その他メニュー/ヘノコタコライス(小)250円、ブレンドホットコーヒー250円、アイスコーヒー250円、宇治抹茶250円    (税込)

 

営/11:00〜21:30(L.O.21:00)    休/不定休    WiFi/なし    クレジットカード/不可    煙草/喫煙可    P/あり

▼喫茶 ワシントン

所在地: 沖縄県名護市辺野古162-12

電話: 0980-43-9470

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

スマホでもラクラク予約♪

お得で楽しい沖縄ツアー販売♪
24時間オンライン予約OK!

おすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション