「感じる・触れる、心動かされる」沖縄の旅を楽しくする情報がいっぱい!沖縄観光情報サイト

食事

2018.06.18

目の前は伊江島タッチューを望む海!本部町備瀬のアジアンなカフェ「cafe CAHAYA BULAN」

cafe CAHAYA BULAN
(ちゃはやぶらん)

備瀬のフクギ並木近くの駐車場の奥からカフェへと向かいます。草木の生い茂る石畳の階段を降りていくと見えてくる入り口。隠れ家のような雰囲気が期待感を高めます。

和風な外観とは打って変わって、店内はアジアンモダンな造り。大きな窓から見える海を眺めながら、贅沢なリゾート気分が味わえます。なんとこの内外装、武子さんご夫婦が自ら設計し作ったものだとか。

目の前の海を存分に楽しみたいならテラス席に出てみましょう。静かな青い海の向こうに見えるのは伊江島。その後ろに沈んでいく夕日は絶景です。

「CAHAYA BULAN」の自慢はなんといっても美味しくて可愛いドリンクの数々。その中でも夏の海にピッタリなのがこの「ジン・ハイビスカス・トニック700円(税別)」。甘すぎずサッパリとした飲み味が大人気の商品です。

野菜のうまみがたっぷりと詰まった「野菜ビビンバ880円(税別)※数量限定」。ゴーヤーやニンジン、もやしのナムルは栄養満点。爽やかな辛さで食べれば元気になれるメニューです。

手作りスイーツを一度に味わえる「スイーツ4種盛り1,100円(税別)」。奥はベトナム風氷ぜんざいの「アイスチェー」。3種類から選べ、今回はトロピカルをチョイスしました。季節のフルーツにタピオカ、ナタデココと食感も楽しめます。

——————————————————————————————————————

昔ながらの景色が広がる本部町備瀬、青々と茂るフクギ並木の片隅にひっそりと一軒のカフェがあります。静かな海に面した「CAHAYA BULAN」。「マレー語で月の光という意味の店名です。カフェの目の前で沈む月をイメージしてつけました。」と、オーナーの武子さんは言います。沖縄とアジアを上手く融合させた独創的な店内から見渡す海と空。残念ながら営業時間中に月は見られませんが、代わりに夕日が水平線に沈んでいく姿を見ることができます。「日中の青い空と海も綺麗ですが、静かな海に沈む夕日も好きですね。」と武子さんは目を細めます。メニューは沖縄の素材をベースにアジア風にアレンジした料理と、武子さんが考案したものや厳選されたアジアのドリンクの数々。その種類は40種類以上だと言います。自家製の「スムージー700円(税別)」と「サワードリンク550円(税別)」。島ショウガを使った「オキナワンジンジャーエール550円」は、スパイシーなドライときび砂糖の自然な甘みが効いたスイートから選べます。ベトナム風氷ぜんざいの「アイスチェー」をはじめとした手作りスイーツにも注目です。

——————————————————————————————————————

オーナー  武子 芙美(たけし ふみ)

1970年東京生まれ。1999年、ご主人の仕事を契機に沖縄に移住。3年間店舗作りやメニューの考案をし、2009年に「CAHAYA BULAN」をオープンさせる。趣味はカフェ巡り。

その他メニュー/ラフテー丼980円〜、アジアンそば880円〜、中華風鶏粥880円、ブレンドコーヒー500円、沖縄緑茶550円、黒糖スパイスチャイ650円、県産シークワーサーのジュース550円、シークワーサーモヒート750円、チャハヤブランマンジェ500円、くるみとしょうがのスパイスシフォンケーキ680円、南国チーズケーキ680円   (税別)

営/12:00〜日没(フードL.O.16:00)    休/水・木曜(7〜9月は水曜のみ) WiFi/あり    クレジットカード/不可    煙草/禁煙    P/あり ※営業時間の変更など最新情報はHPをチェックして下さい。

所在地: 沖縄県国頭郡本部町備瀬429-1

電話: 0980-51-7272

池原盛輔
この記事を書いた人池原 盛輔

某県内情報誌の社員を経てフリーカメライターへ。美味しいと噂のお店に出没します。好きなのはカメラ、車、アニメ、格闘技。総合、空手、剣道、茶道の経験あります。旅に出たい今日この頃。

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

スマホでも沖縄格安ツアーをラクラク予約♪

お得で楽しい沖縄格安ツアーの販売♪
24時間オンライン予約OK!

おすすめ記事Recommend

キーワードで探すKeyword

キーワード一覧

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション