「感じる・触れる、心動かされる」九州の旅を楽しくする情報がいっぱい!九州観光情報サイト

食事

2019.08.27

九州を「さるこう!」宮崎繁華街をぶらり巡ってシメパフェを堪能する

高千穂通り 橘通り 山形屋

旅先に到着したらまずは宿泊先周辺を「さるく」のが好きなライターの吉田です。

さるくとは、九州弁で歩くの意。「ブラブラしようよ」なら「さるっがー!」と声をかけます。繁華街をブラブラするもよし、ロケーションが良ければランニングもよし。気になるお店、入りたくなる路地、ガイドブックには載っていない魅力を発見できますよ。

今回は宮崎市の繁華街をさるいてきました。取材日は梅雨のジメジメした季節。老舗の果物屋「フルーツ大野」でパフェを食べることが目的でした。

宮崎市内の中心地に位置するホテルJALシティ宮崎からスタート

ホテル JALシティ 宮崎

スタートは昼夜賑わう宮崎の繁華街・橘通りに立地するホテルJALシティ宮崎です。出張や旅行に便利で、宿泊以外でもサラダランチが人気のホテルです。

[基本情報]ホテルJALシティ宮崎
住所:宮崎県宮崎市橘通西4丁目2-30
電話:0985-25-2580
駐車場:あり(有料)

橘通り

ホテルから橘通り(国道10号)を南に進みます。童謡「とおりゃんせ」が流れる信号待ちの際、気づいたのが写真のレンガ。

新燃岳 レンガ

このレンガには霧島山の活火山「新燃岳(しんもえだけ)」の火山灰を利用しているんですね。広く見通しの良い歩行者道路は、この赤いレンガで統一されています。

早速気になる路地を発見!赤と白のストライプのあのお店は?

高千穂通り 橘通り 山形屋

高千穂通りと橘通りが交わる角に老舗の百貨店「山形屋」があります。

山形屋の脇に気になる狭い路地を発見。

味のおぐら 宮崎繁華街

路地の中に入ってみると、その先に赤と白のストライプでハイカラなテントがありました。

この建物は、ガイドブックでよく見る宮崎の名物チキン南蛮のお店「味のおぐら」です。元祖チキン南蛮発祥のお店として人気で、客の行列が絶えません。

「チキン南蛮がたべたい」

でも、まだ歩いて5分です…。パフェはどうする?と格闘する筆者でしたが、味の店おぐらのオーダーストップの時間が迫っていたため、チキン南蛮は諦めました。食べられないとなると余計に気になりますが、誘惑には打ち勝つことができました。またリベンジしようと思います。

保護猫と共存する猫の足跡通り

その路地を抜けると四季通りに出ます。狭い通りにゴロンと寝転がる猫が一匹、いや、二匹、三匹。この路地は通称猫の足跡通りとも呼ばれているようで、保護猫が地域住民の理解と協力で管理されているとのことです。

四季通り 猫の足跡通り

カメラを向けても堂々たる態度。地域に溶け込んでいる様子がわかります。

四季通り 猫の足跡通り

宮崎初登場のエスプレッソマシーンを扱う「STAND STESSA」で休憩

カフェ STAND STESSA

ここでまだ歩いて15分ですが、暑さと降り出した小雨を避けるため、たまたま通りかかったコーヒーショップに寄りました。スタンドコーヒー店「STAND STESSA」は、お昼はまったりとした雰囲気ながら、夜はワイワイと賑わうようです。

カフェ STAND STESSA

写真手前がコーヒーバーで、奥がワインバー。エスプレッソマシーンはアメリカ、シアトル発の「SLAYER」というもので、最高のエスプレッソを追求できるというマシーン。宮崎ではここにしかないそうです。明るい店内で立ち寄りやすいお店でした。

[基本情報] STAND STESSA
住所:宮崎県宮崎市橘通東3-4-23
電話:0985-33-9400
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日、第1・第3火曜日
駐車場:なし

昼は営業準備でせわしなく動く、夜の歓楽街「ニシタチ通り」

西橘通り ニシタチ通り

お店を後にし、再び橘通りに戻ります。ここから目指すフルーツ大野は西橘通り(通称ニシタチ通り)にありますここは歓楽街で昼は店が閉まっていますが、営業準備の業者がせわしなく動いています。そんな中、女性客で埋め尽くされたお店を発見。筆者の目的地フルーツ大野です。

カラフルな果物が並ぶフルーツ店!宮崎の「シメパフェ」の発祥店

新鮮なフルーツが並ぶ店頭の脇にテーブル席が8席ほど。手のひらサイズのクレープも売っています。筆者はパンケーキとフルーツパフェのセットを注文しました。

このボリュームでなんと950円(税込)。パンケーキは熱々で、冷たいアイスと相性抜群!スイカ、メロン、ドラゴンフルーツなどなど、8種類のフルーツを使ったお得なパフェです。人気メニューはマンゴーや桃など、その季節のフルーツを使ったパフェのようです。

歓楽街でフルーツパーラーとしての営業は珍しいと思い、オーナーにお話を伺いました。

「本音を言うと昼だけ営業をしたいのですが、なにせここが歓楽街なので、夜も営業をしたところ、これが反響を呼びました」

なるほど!宮崎では「飲んだ後のシメパフェ」が定着しているのですが、そのきっかけはフルーツ大野かもしれません。深夜まで開いてるフルーツ屋さんがあると嬉しいです。

興味深かったのはフルーツの盛り合わせのことを「フルーツ刺身盛り合わせ」と命名しているところでした。「それほど新鮮なので、また食べに来てくださいね」とオーナーに見送られ、スタートのホテルJALシティ宮崎に戻りました。

宮崎 さるく 繁華街 地図

今回の周遊ルートはこちら。距離は往復で4キロ、歩いた時間は計40分でした。

歩いた分のカロリーはしっかり補給してしまいましたが、これが旅先の醍醐味です。ご当地グルメを楽しむためにも旅先を「さるく」のはいかがですか?

[基本情報] フルーツ大野
住所:宮崎県宮崎市中央通1-22
電話:0985-26-0569
営業時間:11:00~23:20(L.O.23:00)
定休日:日曜日・祝日
駐車場:なし

よしだゆみ
この記事を書いた人よしだ ゆみ

食う、寝る、遊ぶが大好きな本能系。
良いものは伝えたくなる性分で、ライター、料理講師、温泉ソムリエやってます。楽しいを求めて何処へでも走るライター♪

このライターの記事一覧
卵もOK ライター募集中卵もOK ライター募集中

ネタ提供取材のご依頼

関連記事

スマホでも九州格安ツアーをラクラク予約♪

お得で楽しい九州格安ツアーの販売♪
24時間オンライン予約OK!

9月のおすすめ記事Recommend

記事ランキングRanking

旅の基本情報Travel Information

インフォメーション